宅建試験 法令上の制限 まとめレジュメ 体系番号7 その1

宅建試験 法令上の制限 まとめレジュメ 体系番号7 その1

●土地区画整理法  (法P34 7-1)


#001 土地区画整理法の目的は…


・土地区画整理事業に関し、その施行者・施行方法・費用の負担など必要な事項を規定すること により、健全な市街地の造成を図り、もって公共の福祉の増進に資することを目的とする


#002 土地区画整理事業とは…

・都市計画区域内の土地について、公共施設(ex.道路・公園)の整備改善及び宅地の利用の増進 を図るために行なわれる土地の区画形質の変更及び公共施設の新設・変更に関する事業をいう


●土地区画整理法  施行者・事業計画等 (法P34 7-2)

#003 民間施行(個人)について、施行者となるものは…


・所有権者・借地権者、所有権者・借地権者の同意を得た者


#004 民間施行(土地区画整理組合)について、施行者となるものは…

・所有権者・借地権者


#005 公的施行について、施行者となるものは…

・市町村・都道府県・国土交通大臣・地方住宅供給公社・独立行政法人都市再生機構など


#006 事業計画について、定めなければならないものは…

・事業計画について、施行地区(工区に分ける場合は、施行地区・工区)・設計・期間・資金計画を定めなければならない


#007 民間施行について、宅地以外の土地を施行地区に編入する場合、誰の承認が必要となるか …

・宅地以外の土地(ex.公共施設の用に供されている土地)を施行地区に編入する場合、土地を管理する者の承認が必要
 ex.国・地方公共団体(都道府県・市町村)


#008 公的施行について、土地区画整理事業(または工区)ごとに、置かなければならないものは…

・土地区画整理事業(または工区)ごとに、土地区画整理審議会を置かなければならない


#009 民間施行(個人)の事業計画について、どのようなものの同意を得なければならないか…

・事業計画について、区域内の宅地の所有権者・借地権者の同意を得なければならない


#010 上記同意を得なければならない者について、区域内の宅地の借家権者も含まれるか…

・借家権者は含まない


#011 民間施行(土地区画整理組合)の事業計画について、どのようなものの同意を得なければならないか…

・定款・事業計画について、区域内の宅地の所有権者・借地権者の2/3の同意を得なければならない


#012 上記同意を得なければならない者について、区域内の宅地の借家権者も含まれるか…

・借家権者は含まない


#013 公的施行について、土地区画整理事業は、どのような方式で施行されるか…

・施行区域内の土地についての土地区画整理事業は、都市計画事業として施行される
 ex.市街地開発事業


#014 公的施行の事業計画について、所有権者・借地権者の同意を得なければならないか…

・事業計画について、所有権者・借地権者の同意等は不要


#015 民間施行(個人)について、一般承継人は、地位を承継し施行者となるか…

・一般承継人(ex.相続人等)は、地位を承継し施行者となる


#016 民間施行(土地区画整理組合)について、施行地区内の所有権者・借地権者は、すべてその組合員とされるか…

・施行地区内の所有権者・借地権者は、すべてその組合員とする


●土地区画整理法  建築行為等の制限ほか(通則) (法P34 7-3)

#017 建築行為等の制限とは…


・土地区画整理事業の施行の障害となるおそれがある(1)~(3)の行為を行おうとする者は、国土交通大臣が施行→大臣の許可、その他の者が施行→知事の許可 を受けなければならない


#018 土地区画整理事業の施行の障害となるおそれがある(1)~(3)の行為とは…

(1)土地の形質の変更 
(2)建築物その他の工作物の新築・改築・増築 
(3)一定の物件の設置・たい積


#019 どのような期間内に、土地区画整理事業の施行の障害となるおそれがある(1)~(3)の行為を行う場合に、許可が必要となるのか…

・土地区画整理事業についての認可等の公告があった日後、換地処分の公告の日の終了時(24時 )までの間に、土地区画整理事業の施行の障害となるおそれがある(1)~(3)の行為を行う場合に許可が必要となる


#020 知事はに許可をしようとするときは、誰の意見を聞かなければならないか…

・知事は、建築行為等の許可の申請があった場合に許可をしようとするときは、施行者の意見を聞かなければならない


#021 大臣または知事が、土地の原状回復・建築物その他の移転・除去を命じることができる場合とは…

・大臣または知事は、建築行為等の許可の規定・または許可の条件に違反した者(権利承継者含む)に対し、必要な限度において、土地の原状回復・建築物その他の移転・除去を命じることができる


#022 施行者が、一定の事項を登記所に届出なければならない場合とは…

・施行者は、事業の認可公告があった場合、一定の事項を登記所に届出なければならない


#023 施行地区内に登記のない所有権以外の権利を有する者が、施行者に申告しなければならない場合とは…

・個人施行以外の土地区画整理事業の場合、施行地区内に登記のない所有権以外の権利(ex.賃借権)を有する者は、その目的となる権利(ex.所有権)を有する者と連署し、書面をもって、施行者に申告しなければならない


#024 上記申告のない権利については、どのように処理されるか…

・個人施行以外の施行者は、上記申告のない権利については、これを存しないものとみなして、換地計画等に基づく処分・決定をすることができる


●土地区画整理法  換地計画 (法P35 7-4)

#025 施行者が、施行地区内の宅地について、換地処分を行なうため、定めなければならないものは…


・施行者は、施行地区内の宅地について、換地処分を行なうため、換地計画を定めなければならない


#026 都道府県・大臣以外の施行の場合、誰の認可を受けなければないか…

・都道府県・大臣以外の施行の場合、換地計画に係る区域を管轄する市町村長を経由して、知事の認可を受けなければない


#027 換地設計とは…

・従前の土地に対して、どの位置に、どれだけの面積のどのような形の換地を与えるのかの設計をいう


#028 換地計画において、その宅地の全部または一部について換地を定めないことができるか…

・宅地の所有者の申出・同意があった場合、換地計画において、その宅地の全部または一部について換地を定めないことができる


#029 換地計画において、その宅地の全部または一部について換地を定めない場合、誰の同意を得なければならないか…

・施行者は、使用収益できる権利を有する者(ex.賃借権者・地上権者)の同意を得なければならない


#030 換地を定めなかった従前の宅地に存する権利は、どの時点で消滅するか…

・換地を定めなかった従前の宅地に存する権利は、換地処分の公告の日の終了時(24時)において消滅する


#031 保留地とは…

・保留地とは、換地処分後に売却し、その売却益を一定の目的のために使用するために一定の土地を換地計画において、換地として定めない土地をいう


#032 民間施行の場合に、保留地を定めるための要件((1)(2))は…

(1)事業の施行の費用に充てるため
(2)規約・定款で定める目的のため


#033 公的施行の場合に、保留地を定めるための要件(1)は…

(1)事業の施行の費用に充てるため
*施行後の宅地の総額が、施行前の宅地の総額を上回る範囲内においてのみ定めることができる


#034 保留地は、誰が、どの時点で取得するか…

・換地処分の公告の日の翌日(0時)において、施行者が取得する


#035 換地処分によって、施行者以外の者に所有権が帰属する旨の定めはできるか…

・換地処分によって、施行者以外の者に所有権が帰属する旨の定めはできない


#036 清算金とは…

・換地に関する処分等により、不均衡が生ずると認められるときは金銭により清算するものとし、換地計画においてその額を定めなければならない


#037 清算金は、どの時点で確定するか…

・換地処分の公告の日の翌日(0時)において、確定する


2012年版・平成24年度受験用 '12.08.29 更新


宅建試験 レジュメ 
上のアイコンをクリックすると「宅建試験 レジュメ」の総合ページにリンクします。


宅建試験 法令上の制限 まとめレジュメ 
上のアイコンをクリックすると「法令上の制限 まとめレジュメ」の目次にリンクします。

>>梶原塾の宅建試験対策の教材はこちら


【宅建試験 まとめレジュメのご利用について】


・ まとめレジュメ中の文章や体系番号・ページ番号等は、梶原塾の完全合格講座・講義用テキストに準拠しています。
・出題論点のまとめ集として、 完全合格講座の受講生だけでなく、独学の受験者にもご利用いただけると幸いです。
・梶原塾の塾生でない方や独学の方は、ある程度学習が進んだ段階でないと、ちょっと厳しいかもしれません。
・復習時や直前期の知識の確認に効果的な一問一答式の対話型の まとめレジュメとして作製していますので、あえて、理由付けや図解は掲載していません。
・この まとめレジュメを流し読みできるようになると、合格レベルに到達したと判断されてOKです。
・登場人物の権利関係の図解が必要な知識については、 まとめレジュメを読みながら頭の中で図解をイメージできるようになると合格レベルです。
・複製・頒布を禁じます。

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)