宅建試験 法令上の制限 まとめレジュメ 体系番号5 その2

宅建試験 法令上の制限 まとめレジュメ 体系番号5 その2

●国土利用計画法 届出対象面積 「一定の面積以上の」とは (法P30 5-3)


#001 事後届出制について、「市街化区域」における届出対象面積は…

・2000㎡以上の場合に、届出が必要


#002 事後届出制について、「市街化区域を除く都市計画区域」における届出対象面積は…

・5000㎡以上の場合に、届出が必要


#003 「市街化区域を除く都市計画区域」とは…

・市街化調整区域・非線引都市計画区域をいう


#004 事後届出制について、「都市計画区域外の区域」における届出対象面積は…

・10000㎡以上の場合に、届出が必要


#005 「都市計画区域外の区域」に準都市計画区域は含まれるか…

・準都市計画区域を含む


#006 注視区域内における事前届出制について、「市街化区域」における届出対象面積は…

・2000㎡以上の場合に、届出が必要


#007 注視区域内における事前届出制について、「市街化区域を除く都市計画区域」における届出対象面積は…

・5000㎡以上の場合に、届出が必要


#008 注視区域内における事前届出制について、「都市計画区域外の区域」における届出対象面積は…

・10000㎡以上の場合に、届出が必要


#009 監視区域内における事前届出制について、「市街化区域」における届出対象面積は…

・届出対象面積(2000㎡以上)について、都道府県の規則で引き下げられる


#010 監視区域内における事前届出制について、「市街化区域を除く都市計画区域」における届出対象面積は…

・届出対象面積(5000㎡以上)について、都道府県の規則で引き下げられる


#011 監視区域内における事前届出制について、「都市計画区域外の区域」における届出対象面積は…

・届出対象面積(10000㎡以上)について、都道府県の規則で引き下げられる


●国土利用計画法  「一団の土地」とは (法P29 5-2)

#012 「一団の土地」とは…


・「一団の土地」とは、(1)~(2)の要件を充たすものをいう

(1)2以上の土地売買等の契約が、一連の計画のもとにその時期・目的等について、相互に密接な関連をもって締結される場合

(2)土地に関する権利の移転または設定をする土地が、相互に連接するひとまとまりの土地として、物理的な一体性を有する場合


#013 2以上の土地売買等の契約について、それぞれの契約の締結時期をずらしても、「一団の土地」として扱われるか…

・それぞれの契約の締結時期をずらしても「一団の土地」として扱われ、合算した面積によって、「一定の面積以上の」判断がなされる


#014 事後届出制について、届出対象面積に該当するか否かは、当事者のうち権利取得者のみを基準に判断されるか…

・当事者のうち権利取得者のみを基準に判断される


#015 事前届出制について、届出対象面積に該当するか否かは、当事者のうち権利取得者のみを基準に判断されるか…

・当事者(双方)を基準に判断される


●国土利用計画法  「土地売買等の契約」とは (法P31 5-4)

#016 「土地売買等の契約」とは…


・「土地売買等の契約」とは、(1)~(3)の要件をすべて充たすものをいう

(1)土地に関する所有権・地上権・賃借権または、これらの権利の取得を目的とする「権利の移転または設定」であること

(2)「権利の移転・設定」が、「対価を得て」行われるものであること

(3)「権利の移転・設定」が、「契約により」行われるものであること


#017 売買契約・売買予約契約は、「土地売買等の契約」に該当し、届出が必要となるか…

・「土地売買等の契約」に該当し、届出が必要となる


#018 予約完結権の譲渡・買戻権の設定契約は、「土地売買等の契約」に該当し、届出が必要となるか…

・「土地売買等の契約」に該当し、届出が必要となる


#019 予約完結権の行使・買戻権の行使・解除権の行使は、「土地売買等の契約」に該当し、届出が必要となるか…

・「土地売買等の契約」に該当しないので、届出は不要となる


#020 交換契約・代物弁済契約・譲渡担保契約は、「土地売買等の契約」に該当し、届出が必要となるか…

・「土地売買等の契約」に該当し、届出が必要となる


#021 交換契約について、交換差金の発生の有無は関係するか…

・交換差金の発生の有無に関係なく、「土地売買等の契約」に該当し、届出が必要となる


#022 遺産分割・相続・合併・時効取得は、「土地売買等の契約」に該当し、届出が必要となるか…

・「土地売買等の契約」に該当しないので、届出は不要となる


#023 共有持分の譲渡は、「土地売買等の契約」に該当し、届出が必要となるか…

・「土地売買等の契約」に該当し、届出が必要となる


#024 共有持分の譲渡について、届出対象面積は、譲渡される持分のみを基準とするか…

・届出対象面積は、譲渡される持分のみを基準とする


#025 共有持分の放棄は、「土地売買等の契約」に該当し、届出が必要となるか…

・「土地売買等の契約」に該当しないので、届出は不要となる


#026 信託された受託財産の有償処分は、「土地売買等の契約」に該当し、届出が必要となるか…

・「土地売買等の契約」に該当し、届出が必要となる


#027 信託の引受・信託の終了・贈与契約は、「土地売買等の契約」に該当し、届出が必要となるか…

・「土地売買等の契約」に該当しないので、届出は不要となる


#028 地上権の設定契約・土地賃借権の設定契約は、「土地売買等の契約」に該当し、届出が必要となるか…

・「土地売買等の契約」に該当し、届出が必要となる


#029 地上権の設定契約・土地賃借権の設定契約について、権利金その他の一時金の支払いを伴うものに限られるか…

・権利金その他の一時金の支払いを伴うものが該当する


#030 不動産質権の設定契約・地役権の設定契約は、「土地売買等の契約」に該当し、届出が必要となるか…

・「土地売買等の契約」に該当しないので、届出は不要となる


#031 停止条件付契約・解除条件付契約は、「土地売買等の契約」に該当し、届出が必要となるか…

・「土地売買等の契約」に該当し、届出が必要となる


#032 停止条件付契約について、条件成就の際に再度の届出が必要となるか…

・契約締結時のみ届出必要、条件成就の際に再度の届出不要


#033 抵当権の設定契約は、「土地売買等の契約」に該当し、届出が必要となるか…

・「土地売買等の契約」に該当しないので、届出は不要となる


2012年版・平成24年度受験用 '12.08.27 更新


宅建試験 レジュメ 
上のアイコンをクリックすると「宅建試験 レジュメ」の総合ページにリンクします。


宅建試験 法令上の制限 まとめレジュメ 
上のアイコンをクリックすると「法令上の制限 まとめレジュメ」の目次にリンクします。

>>梶原塾の宅建試験対策の教材はこちら


【宅建試験 まとめレジュメのご利用について】


・ まとめレジュメ中の文章や体系番号・ページ番号等は、梶原塾の完全合格講座・講義用テキストに準拠しています。
・出題論点のまとめ集として、 完全合格講座の受講生だけでなく、独学の受験者にもご利用いただけると幸いです。
・梶原塾の塾生でない方や独学の方は、ある程度学習が進んだ段階でないと、ちょっと厳しいかもしれません。
・復習時や直前期の知識の確認に効果的な一問一答式の対話型の まとめレジュメとして作製していますので、あえて、理由付けや図解は掲載していません。
・この まとめレジュメを流し読みできるようになると、合格レベルに到達したと判断されてOKです。
・登場人物の権利関係の図解が必要な知識については、 まとめレジュメを読みながら頭の中で図解をイメージできるようになると合格レベルです。
・複製・頒布を禁じます。

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)