宅建試験 法令上の制限 まとめレジュメ 体系番号1 その2

宅建試験 法令上の制限 まとめレジュメ 体系番号1 その2

●都市計画法(1) 都市計画区域・準都市計画区域の指定  (法P6 1-8)


#001 都市計画区域について、必要があるときは、市町村の区域外にわたり指定できるか…


・必要があるときは、市町村の区域外にわたり指定できる
  ex.福岡都市圏


#002 都市計画区域の指定権者は…

・都道府県が指定する


#003 2以上の都府県の区域にわたる都市計画区域の指定権者は…

・2以上の都府県の区域にわたる場合は、大臣が、関係都府県の意見を聴いて指定する


#004 準都市計画区域の指定権者は…

・都道府県が指定する


#005 都市計画区域を指定する場合に、どのようなものの意見を聴かなければならないか…

・関係市町村および都道府県都市計画審議会の意見を聴かなければならない


#006 都市計画区域を指定する場合に、どのようなものと協議し、同意を得なければならないか…

・大臣に協議し、同意を得なければならない


#007 準都市計画区域を指定する場合に、どのようなものの意見を聴かなければならないか…

・関係市町村および都道府県都市計画審議会の意見を聴かなければならない


#008 都市計画区域・準都市計画区域の指定は、どのように行なわれるか…

・都市計画区域・準都市計画区域の指定は、公告することによって行なう


●都市計画法(1) 都市計画の内容の決定・変更  (法P6 1-10)

#009 都市計画の内容の決定権者は…


・都道府県および市町村が定める


#010 2以上の都府県の区域にわたる都市計画区域に係わるものの決定権者は…

・2以上の都府県の区域にわたる都市計画区域に係わるものは、大臣(および市町村)が定める

 「および市町村」 →手続きに関する規定を市町村の条例で定めることができる


#011 市町村が定める都市計画は、どのようなものに適合したものとしなければならないか…

・市町村が定める都市計画は、議会の議決を経て定められた当該市町村の建設に関する基本構想に即し、かつ、都道府県が定めた都市計画に適合したものとしなければならない


#012 市町村が定めた都市計画が、都道府県が定めた都市計画と抵触するときは、どちらの都市計画が優先するか…

・市町村が定めた都市計画が、都道府県が定めた都市計画と抵触するときは、その限りにおいて都道府県が定めた都市計画が優先する


#013 都道府県のみが定める都市計画とは…

・都市計画区域の整備・開発および保全の方針、区域区分、都市再開発方針等


#014 市町村のみが定める都市計画とは…

・用途地域、風致地区を除くその他の地域地区、地区計画、促進区域、遊休土地転換利用促進地区、被災市街地復興推進地域


#015 規模などにより、都道府県または市町村が定める都市計画は…

・都市施設、市街地開発事業、市街地開発事業予定区域、準都市計画区域、風致地区


#016 都市計画を変更する必要が生じたときは…

・都市計画を変更する必要が生じたときは、遅滞なく変更しなければならない


●都市計画法(1) 都市計画の内容の決定手続  (法P8 1-10)

#017 都道府県が、案の作成を行う際に、市町村ができることは…


・市町村は、必要があると認めるときは、案の内容について申し出ることができる


#018 都道府県が、案の作成を行う際に、市町村に対してできることは…

・都道府県は、関係市町村に対し、資料の提出その他必要な協力を求めることができる


#019 都道府県または市町村は、案の作成に関し、どのような措置を講じなければならないか…

・都道府県または市町村は、案の作成に関し、必要があると認めるときは、公聴会の開催など、住民の意見を反映させるための必要な措置を講じなければならない


#020 都道府県または市町村は、地区計画等の案をどのようにして作成するか…

・地区計画等の案は、意見の提出方法等について、条例で定めるところにより、区域内の土地所有者その他利害関係を有する者の意見を求めて作成する


#021 都道府県または市町村が都市計画を決定しようとするときは、どのようにして公衆の縦覧に供しなければならないか…

・都市計画を決定しようとするときは、公告し、案に理由を記載した書面を添えて、公告の日から2週間の公衆の縦覧に供しなければならない


#022 都道府県または市町村によって、縦覧に供された都市計画の案についての意見書を提出できるものとは…

・関係市町村の住民・利害関係人は、2週間の縦覧期間の満了日までに、案についての意見書を提出できる


#023 都道府県が都市計画を決定する場合、どのようなものの儀を経なければならないか…

・関係市町村の意見を聴き、都道府県都市計画審議会の儀を経なければならない


#024 市町村が都市計画を決定する場合、どのようなものの儀を経なければならないか…

・市町村都市計画審議会の儀を経なければならない


#025 市町村が都市計画を決定する場合に、市町村に都市計画審議会がない場合は、どのようなものの儀を経なければならないか…

・都道府県都市計画審議会の儀を経なければならない


#026 都道府県または市町村は、提出された意見書の要旨を審議会に提出しなければならないか…

・都道府県または市町村は、提出された意見書の要旨を審議会に提出しなければならない


#027 国の利害に重大な関係がある都市計画を都道府県が決定する場合、どのようなものに協議し、同意を得なければならないか…

・国の利害に重大な関係がある場合等は、大臣に協議し、同意を得なければならない 
 ex.地下鉄・空港・都市高速・官庁施設


#028 市町村が都市計画を決定する場合、どのようなものに協議し、同意を得なければならないか…

・知事に協議しなければならない (町村については、同意を得なければならない)


#029 都市計画を決定したときは、その旨を告示しなければならないか…

・都市計画を決定したときは、その旨を告示しなければならない


#030 都道府県または市町村の事務所において、図書を公衆の縦覧に供しなければならないか…

・都道府県または市町村の事務所において、図書を公衆の縦覧に供しなければならない


#031 都市計画は、いつから、効力を生ずるか…

・都市計画を決定した旨の告示があった日から、効力を生ずる


2012年版・平成24年度受験用 '12.08.21 更新


宅建試験 レジュメ 
上のアイコンをクリックすると「宅建試験 レジュメ」の総合ページにリンクします。


宅建試験 法令上の制限 まとめレジュメ 
上のアイコンをクリックすると「法令上の制限 まとめレジュメ」の目次にリンクします。

>>梶原塾の宅建試験対策の教材はこちら


【宅建試験 まとめレジュメのご利用について】


・ まとめレジュメ中の文章や体系番号・ページ番号等は、梶原塾の完全合格講座・講義用テキストに準拠しています。
・出題論点のまとめ集として、 完全合格講座の受講生だけでなく、独学の受験者にもご利用いただけると幸いです。
・梶原塾の塾生でない方や独学の方は、ある程度学習が進んだ段階でないと、ちょっと厳しいかもしれません。
・復習時や直前期の知識の確認に効果的な一問一答式の対話型の まとめレジュメとして作製していますので、あえて、理由付けや図解は掲載していません。
・この まとめレジュメを流し読みできるようになると、合格レベルに到達したと判断されてOKです。
・登場人物の権利関係の図解が必要な知識については、 まとめレジュメを読みながら頭の中で図解をイメージできるようになると合格レベルです。
・複製・頒布を禁じます。

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)