宅建試験 宅建業法 まとめレジュメ 体系番号8 その4

宅建試験 宅建業法 まとめレジュメ 体系番号8 その4

●自ら売主8種制限 瑕疵担保責任についての特約の制限 (業P36 8-8)

#001 民法上の規定について、売主の帰責性は、問題となるか…


・売主は、帰責事由(故意・過失)がなくても責任を負う (無過失責任)


#002 民法上の規定について、どのような買主が瑕疵担保責任を追及できるか…

・善意・無過失の買主は、瑕疵担保責任の追及ができる
 →瑕疵担保責任は、隠れたる瑕疵についての規定なので、悪意の買主は、責任追及はできない


#003 民法上の規定について、買主は、どのような方法で責任追及をすることができるか…

・損害賠償の請求、解除権の行使


#004 民法上の規定について、損害賠償の請求が認められるための要件は…

・売買の目的物に隠れたる瑕疵があることによって、損害が発生した場合は、損害賠償の請求ができる


#005 民法上の規定について、解除権の行使が認められるための要件は…

・売買の目的物に隠れたる瑕疵があることによって、契約をした目的を達することができない場合は、解除できる


#006 民法上の規定について、瑕疵担保責任について、権利行使期間の定めはあるか…

・買主が事実を知った時から1年以内に行使しなければならない


#007 民法上の規定について、買主の損害賠償請求権が、時効により消滅することはないのか…

・瑕疵担保責任による損害賠償請求権は、一般の債権と同様に、引渡しの日から10年間の消滅時効にかかる


#008 民法の規定と異なる特約をすることができるか…

・民法の規定と異なる特約をすることができる


#009 民法上の規定について、担保責任を負わない旨の特約をした場合は、売主はどのような場合であっても責任を負わないのか…

・担保責任を負わない旨の特約をした場合でも、売主が知って告げなかった事実については責任を負う


#010 自ら売主8種制限の規定の適用がある場合、宅建業法上の売主の瑕疵担保責任の制限の内容とは…

・宅地建物取引業者が自ら売主となり、宅地建物業者以外の者が買主となる売買契約の締結について、目的物の瑕疵担保責任に関し、「民法の規定より、買主に不利となる特約」をしてはならない


#011 「民法に規定するものより、買主に不利となる特約」をした場合の取扱いは…

・反する特約(民法に規定するものより、買主に不利となる特約)は、無効とする


#012 特約が無効となった場合の取扱いは…

・特約が無効となった場合は、民法の規定が適用される


#013 「民法に規定するものより、買主に不利となる特約」について、「損害賠償の請求をすることができるが、契約の解除ができるのは瑕疵により、契約をした目的を達成できないときに限る」旨の特約は有効か…

・有効となる  ∵民法の規定どおり


#014 「民法に規定するものより、買主に不利となる特約」について、「買主が知っていた瑕疵についてはその責任を負わない」旨の特約は有効か…

・有効となる  ∵善意・無過失


#015 「民法に規定するものより、買主に不利となる特約」について、「買主に説明していた瑕疵についてはその責任を負わない」旨の特約は有効か…

・有効となる  ∵善意・無過失


#016 「民法に規定するものより、買主に不利となる特約」について、「瑕疵が売主の責めに帰するものでないときは、売主は責任を負わない」旨の特約は有効か…

・買主に不利な特約として無効となる  ∵無過失責任


#017 「民法に規定するものより、買主に不利となる特約」について、「瑕疵を担保する責任を一切負わない」旨の特約は有効か…

・買主に不利な特約として無効となる  ∵民法の規定を排除


#018 「民法に規定するものより、買主に不利となる特約」について、「解除することはできないが、損害賠償を請求することはできる」旨の特約は有効か…

・買主に不利な特約として無効となる  ∵目的不達成→解除できる


#019 例外的に、「民法に規定するものより、買主に不利となる特約」でも認められる場合は…

・権利行使期間について、目的物の引渡しの日から2年以上とする特約をする場合を除く =有効


#020 権利行使期間について、「引渡しの日から5年」とする特約は有効か…

・引渡しの日から5年とする特約は有効となる


#021 権利行使期間について、「引渡しの日から1年間」とする特約は有効か…

・引渡しの日から2年以上とする特約にあたらないので、無効となる


#022 権利行使期間について、「契約を締結してから2年間」とする特約は有効か…

・引渡しの日から2年以上とする特約にあたらないので、無効となる


#023 権利行使期間について、「引渡しの日から2年で、かつ、売主が瑕疵を発見した時から30日以内」とする特約は有効か…

・引渡しの日から2年以上とする特約にあたらないので、無効となる


#024 権利行使期間についての特約が無効となった場合の権利行使期間は…

・特約が無効となった場合、民法の規定が適用され、「知った時から1年以内」となる


2012年版・平成24年度受験用 '12.08.17 更新


宅建試験 レジュメ 
上のアイコンをクリックすると「宅建試験 レジュメ」の総合ページにリンクします。


宅建試験 宅建業法レジュメ 
上のアイコンをクリックすると「宅建業法レジュメ」の目次にリンクします。

>>梶原塾の宅建試験対策の教材はこちら


【宅建試験 まとめレジュメのご利用について】


・ まとめレジュメ中の文章や体系番号・ページ番号等は、梶原塾の完全合格講座・講義用テキストに準拠しています。
・出題論点のまとめ集として、 完全合格講座の受講生だけでなく、独学の受験者にもご利用いただけると幸いです。
・梶原塾の塾生でない方や独学の方は、ある程度学習が進んだ段階でないと、ちょっと厳しいかもしれません。
・復習時や直前期の知識の確認に効果的な一問一答式の対話型の まとめレジュメとして作製していますので、あえて、理由付けや図解は掲載していません。
・この まとめレジュメを流し読みできるようになると、合格レベルに到達したと判断されてOKです。
・登場人物の権利関係の図解が必要な知識については、 まとめレジュメを読みながら頭の中で図解をイメージできるようになると合格レベルです。
・複製・頒布を禁じます。

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)