宅建試験 宅建業法 まとめレジュメ 体系番号2 その4

宅建試験 宅建業法 まとめレジュメ 体系番号2 その4

●「免許換え」 (業P7 2-6)


#001 業者は、どのような場合に、「免許換え」の申請をしなければならないか…

・業者は、「事務所」の新設・移転・廃止により、免許権者が異なることになり、現在の免許証が不適当になる場合、「免許換え」の申請をしなければならない


#002 「事務所」の新設・移転・廃止により、免許権者が異なることになり、現在の免許証が不適当になる場合((1)~(3))とは…

(1)大臣免許を受けた業者が、1の都道府県にのみ「事務所」を有することとなった場合
(2)A都道府県知事免許を受けた業者が、A都道府県の「事務所」を廃止し、他のB都道府県にのみ「事務所」を有することとなった場合
(3)都道府県知事免許を受けた業者が、2以上の都道府県に「事務所」を有することとなった場合


#003 (1)大臣免許を受けた業者が、1の都道府県にのみ「事務所」を有することとなった場合の「免許換え」は、誰に対して申請するのか…

・知事に申請する


#004 (2)A都道府県知事免許を受けた業者が、A都道府県の「事務所」を廃止し、他のB都道府県にのみ「事務所」を有することとなった場合の「免許換え」は、誰に対して申請するのか…

・新知事(B都道府県知事)に申請する


#005 (3)都道府県知事免許を受けた業者が、2以上の都道府県に「事務所」を有することとなった場合の「免許換え」は、誰に対して申請するのか…

・知事を経由して大臣に申請する


#006 新たな免許の有効期間は…

・5年 (「免許換え」による免許の取得は新規免許の取得となる)


#007 新たな免許をした免許権者は、いつまでに、従前の免許権者へ通知しなければならないか…

・新たな免許をした免許権者は、遅滞なく、従前の免許権者へ通知しなければならない


#008 「免許換え」の申請の他に、廃業の届出・支店廃止の届出は必要となるか…

・免許換えの申請の他に廃業の届出・支店廃止の届出は不要


●「登録の移転」 (業P7 2-6)

#009 登録を受けている者は、どのような場合に、「登録の移転」を申請することができるか…


・登録を受けている者が、登録をしている都道府県以外に所在する業者の「事務所」の業務に従事し、または従事しようとするときは、登録の移転を申請することができる


#010 「登録の移転」は、申請しなければならないのか…

・申請することができる


#011 「登録の移転」は、転勤を理由に、申請することができるか…

・転勤等の場合、申請することができる


#012 「登録の移転」は、転居を理由に、申請することができるか…

・転居を理由に申請できない


#013 「登録の移転」の申請方法は…

・現に登録を受けている知事を経由して移転先の知事に申請する


#014 「登録の移転」を申請すると、現に有する取引主任者証は失効するか…

・登録の移転を申請すると現に有する取引主任者証は失効する


#015 「登録の移転」を申請し、現に有する取引主任者証が失効した場合、現に有する取引主任者証は、返納しなければならないか…

・現に有する取引主任者証は、返納しなければならない


#016 「登録の移転」を申請し、現に有する取引主任者証が失効した場合、新たな取引主任者証の交付まで、法定事務ができなくなるか…

・新たな取引主任者証の交付まで、法定事務ができなくなる


#017 「登録の移転」と供に新たな取引主任者証の交付を申請することはできるか…

・登録の移転と供に新たな取引主任者証の交付を申請することができる


#018 「登録の移転」と供に新たな取引主任者証の交付を申請する場合、現に有する取引主任者証を添えて申請するのか…

・現に有する取引主任者証と引換えに、新たな取引主任者証が交付される (引換え交付)


#019 「登録の移転」と供に新たな取引主任者証の交付を申請した場合、現に有する取引主任者証は失効するか…

・新たな取引主任者証の引換交付のときまで失効しない


#020 「登録の移転」と供に新たな取引主任者証の交付を申請した場合、新たな取引主任者証の交付まで、法定事務ができなくなるか…

・継続して、法定事務をすることができる


#021 「登録の移転」と供に新たな取引主任者証の交付を申請した場合の新たな取引主任者証の有効期間は…

・失効前(移転前)の取引主任者証の有効期間  ≠5年


#022 「登録の移転」の手続きを完了した知事は、いつまでに、申請者および移転前の知事に対 して通知しなければならないか…

・「登録の移転」の手続きを完了した知事は、遅滞なく、申請者および移転前の知事に対して通知しなければならない


#023 「登録の移転」について、事務禁止処分の期間内であっても、申請することができるか…

・事務禁止の処分期間中は、「登録の移転」を申請することはできない


●「廃業等の届出」 (業P7 2-7)

#024 業者に「一定の事由」が生じた場合、誰に対して「廃業等の届出」を申請しなければならないか…


・業者は、業者に「一定の事由」が生じた場合、免許権者に、届出なければならない


#025 大臣に対する「廃業等の届出」の申請方法は…

・大臣に対する廃業等の届出は、主たる事務所の所在地を管轄する知事を経由して届出


#026 業者は、原則として、いつまでに、「廃業等の届出」を申請しなければならないか…

・原則として、その事実の日から30日以内


#027 「廃業等の届出」について、相続人が届出義務者となる場合の申請期間は…

・例外的に、相続人が知った日から30日以内


#028 「廃業等の届出」を申請しなければならない「一定の事由(5つ)」とは…

・死亡
・法人の合併による消滅
・破産手続開始の決定
・法人が合併・破産以外の理由により解散
・宅地建物取引業の廃止


#029 「廃業等の届出」について、「死亡」の場合の届出義務者は…

・相続人


#030 「廃業等の届出」について、「法人の合併による消滅」の場合の届出義務者は…

・消滅会社の代表役員


#031 「廃業等の届出」について、「破産手続開始の決定」の場合の届出義務者は…

・破産管財人


#032 「廃業等の届出」について、「法人が合併・破産以外の理由により解散」の場合の届出義務者は…

・清算人


#033 「廃業等の届出」について、「宅地建物取引業の廃止」の場合の届出義務者は…

・業者であった個人または業者であった代表役員


●「死亡等の届出」 (業P7 2-7)

#034 登録を受けている者に「一定の事由」が生じた場合、誰に対して「死亡等の届出」を申請しなければならないか…


・登録を受けている者に「一定の事由」が生じた場合、登録を受けている知事に、届出なければならない


#035 登録を受けている者は、原則として、いつまでに、「死亡等の届出」を申請しなければならないか…

・原則として、その事実の日から30日以内


#036 「死亡等の届出」について、相続人が届出義務者となる場合の申請期間は…

・例外的に、相続人が知った日から30日以内


#037 「死亡等の届出」を申請しなければならない「一定の事由(5つ)」とは…

・死亡
・成年被後見人
・被保佐人
・破産手続開始の決定
・その他登録の基準の欠格事由に該当した場合


#038 「死亡等の届出」について、「死亡」の場合の届出義務者は…

・相続人


#039 「死亡等の届出」について、「成年被後見人・被保佐人」の場合の届出義務者は…

・後見人・保佐人  ※被補助人を含まない


#040 「死亡等の届出」について、「破産手続開始の決定」の場合の届出義務者は…

・本人


#041 「死亡等の届出」について、「その他登録の基準の欠格事由に該当した場合」の場合の届出義務者は…

・本人


●業者免許証の「再交付」 (業P8 2-8)

#042 業者は、どのような場合に、免許証の「再交付」を申請しなければならないか…


・業者は、免許証を亡失・滅失・汚損・破損したときは、免許権者に、免許証の「再交付」を申請しなければならない


#043 業者は、いつまでに、免許証の「再交付」を申請しなければならないか…

・業者は、免許証を亡失・滅失・汚損・破損したときは、遅滞なく、免許権者に、免許証の「再交付」を申請しなければならない


#044 業者免許証の「再交付」について、汚損・破損の場合の申請方法は…

・汚損・破損の場合には、免許証を添えて申請しなければならない


●取引主任者証の「再交付」 (業P8 2-8)

#045 取引主任者は、どのような場合に、取引主任者証の「再交付」を申請することができるか…


・取引主任者は、証を亡失・滅失・汚損・破損したときは、取引主任者証の交付を受けた知事に、取引主任者証の再交付を申請することができる


#046 取引主任者証の「再交付」は、申請しなければならないのか…

・申請することができる


#047 取引主任者証の「再交付」について、汚損・破損の場合の申請方法は…

・汚損・破損の場合には取引主任者証と引換え交付となる (引換え交付)


●業者免許証の「返納」 (業P8 2-9)

#048 業者は、どのような場合に、免許証の「返納」をしなければならないか…


・業者は、(1)~(4)のいずれかに該当する場合、免許権者に、返納しなければならない


#049 業者は、いつまでに、免許証の「返納」をしなければならないか…

・業者は、(1)~(4)のいずれかに該当する場合、遅滞なく、免許権者に、返納しなければならない


#050 免許証の「返納」をしなければならない場合((1)~(4))とは…

・業者は、(1)~(4)のいずれかに該当する場合、遅滞なく、免許権者に、返納しなければならない

(1)監督処分により免許を取り消されたとき
(2)廃業等の届出をするとき
(3)亡失した免許証を発見したとき
(4)免許換えにより、効力を喪失したとき


#051 免許の更新を怠り、免許証の有効期間が満了した場合も、返納しなければならないか…

・免許の更新を怠り免許証の有効期間が満了しても、返納義務はない


●取引主任者の「返納」 (業P8 2-9)

#052 取引主任者は、どのような場合に、取引主任者証の「返納」をしなければならないか…


・取引主任者は、証が効力を失ったときは、交付を受けた知事に、返納しなければならない


#053 取引主任者は、いつまでに、取引主任者証の「返納」をしなければならないか…

・取引主任者は、「証が効力を失ったとき」は、速やかに、交付を受けた知事に、返納しなければならない


#054 取引主任者証の「返納」をしなければならない「証が効力を失ったとき((1)~(5))」と は…

・取引主任者は、「証が効力を失ったとき」は、速やかに、交付を受けた知事に、返納しなけれ ばならない

(1)監督処分により登録を消除されたとき
(2)申請により登録を消除するとき
(3)亡失した取引主任者証を発見したとき
(4)登録の移転とともに交付申請をしなかったとき
(5)更新をしなかったとき


#055 取引主任者証の「返納」の規定に違反した場合の罰則は…

・罰則(10万円以下の過料)


#056 取引主任者に対して罰則の適用のある場合(3つ)とは…

・取引主任者証の提出義務に違反した取引主任者 (P5)
・取引主任者証の返納義務に違反した取引主任者 (P8)
・35条説明の際の取引主任者証の提示義務に違反した取引主任者 (P5・P22)


●会社の合併と新たな免許の要否 (業P9 参考)

#057 個人事業者であった宅建業者が会社を設立した場合、新たな免許が必要となるか…


・新たに免許が必要  ex.個人事業者→株式会社・有限会社


#058 宅建業者でないA社が宅建業者であるB社を吸収合併した場合、新たな免許が必要となるか…

・新たに免許が必要


#059 宅建業者であるA社が宅建業者でないB社を吸収合併した場合、新たな免許が必要となるか…

・新たに免許を受ける必要はない


2012年版・平成24年度受験用 '12.08.07 更新


宅建試験 レジュメ 
上のアイコンをクリックすると「宅建試験 レジュメ」の総合ページにリンクします。


宅建試験 宅建業法レジュメ 
上のアイコンをクリックすると「宅建業法レジュメ」の目次にリンクします。

>>梶原塾の宅建試験対策の教材はこちら


【宅建試験 まとめレジュメのご利用について】


・ まとめレジュメ中の文章や体系番号・ページ番号等は、梶原塾の完全合格講座・講義用テキストに準拠しています。
・出題論点のまとめ集として、 完全合格講座の受講生だけでなく、独学の受験者にもご利用いただけると幸いです。
・梶原塾の塾生でない方や独学の方は、ある程度学習が進んだ段階でないと、ちょっと厳しいかもしれません。
・復習時や直前期の知識の確認に効果的な一問一答式の対話型の まとめレジュメとして作製していますので、あえて、理由付けや図解は掲載していません。
・この まとめレジュメを流し読みできるようになると、合格レベルに到達したと判断されてOKです。
・登場人物の権利関係の図解が必要な知識については、 まとめレジュメを読みながら頭の中で図解をイメージできるようになると合格レベルです。
・複製・頒布を禁じます。

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)