« すらすら頭に入る「7回読み勉強法」のすすめ その1 | トップページ | 決して50点満点は狙わない! 合格ライン+4 ±2点をねらう宅建試験対策の学習の進め その1 »

2018年7月25日 (水)

すらすら頭に入る「7回読み勉強法」のすすめ その2

いったん覚えた知識も、そのまま放っておくと記憶は薄れていきます。せっかく覚えたことを、必要なときに思い出せるようにしておくためには、どのようなメンテナンスをすればいいのでしょうか。

梶原塾のマニュアルでは、テキストを一読したあとに過去問題集にあたることを推奨しています。インプットとアウトプットを繰り返し学習することで、その精度をあげていくことが目的です。ですが、どれだけやっても忘れてしまうことはあります。その時は、もう一度繰り返し読みテキストを読み、そして過去問題集をあたってみてください。

そのときに注意してほしいのは、所々を丁寧に読むこと。人の記憶は時間の経過の中でゆがんでしまうことがあります。記憶の間違いを早期に見つけて、正しく覚えなおすことが大切です。そして、重要な箇所にはマーカーを引きチェックするなどして確認することが効果的です。


» 宅建試験対策の学習法の完全合格マニュアルはこちら→http://kajiwarajuku.com/takken/10.html

梶原塾の教材の購入はこちらから→http://kajiwarajuku.com/takken/88.html

投稿者: 梶原塾Google

梶原塾 専任講師のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

|

« すらすら頭に入る「7回読み勉強法」のすすめ その1 | トップページ | 決して50点満点は狙わない! 合格ライン+4 ±2点をねらう宅建試験対策の学習の進め その1 »

● 宅建試験/学習法・教材の選択と利用法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すらすら頭に入る「7回読み勉強法」のすすめ その1 | トップページ | 決して50点満点は狙わない! 合格ライン+4 ±2点をねらう宅建試験対策の学習の進め その1 »