« 宅建試験対策、情報処理の能力が合否を左右する その2 | トップページ | 宅建試験対策 「最低3回転、回転数をこなして精度を上げる」という考え方 »

2018年6月25日 (月)

梶原塾も記事を書かせていただきました。

平成30年6月23日、「2018本試験をあてる TAC直前予想 宅建士」がTAC出版から出版されました。

昨年に引き続き少しだけですが、梶原塾も記事を書かせていただいております。

☆特集
【カリスマブロガー&合格請負人・八人衆が贈る究極の「宅建士・攻略法」】
宅建士指導に情熱を燃やすカリスマ執筆陣がここに集結! 達人ならではのワザの伝授と
渾身の「直筆メッセージ」で迎え撃つ「宅建士の夏、合格の夏。」


の中で、

「受験界のカリスマがこっそり教える 「今年狙われる肢」はコレだ!」というお題で記事を書いています。

ちなみに、一点読みの「狙われる肢」で出題したテーマは「宅建業法」です。詳細は書籍をどうぞ!


梶原塾の教材の購入はこちらから→http://kajiwarajuku.com/takken/88.html

投稿者: 梶原塾Google

梶原塾 専任講師のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

|

« 宅建試験対策、情報処理の能力が合否を左右する その2 | トップページ | 宅建試験対策 「最低3回転、回転数をこなして精度を上げる」という考え方 »

● 宅建試験/学習法・教材の選択と利用法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宅建試験対策、情報処理の能力が合否を左右する その2 | トップページ | 宅建試験対策 「最低3回転、回転数をこなして精度を上げる」という考え方 »