« 宅建試験・完全合格マニュアル2017年版(平成29年度受験版)㉑ | トップページ | 宅建試験・完全合格マニュアル2017年版(平成29年度受験版)㉓ »

2017年5月30日 (火)

宅建試験・完全合格マニュアル2017年版(平成29年度受験版)㉒

❺ アウトプット編 その1


● 「3段階に分けて過去問を確実に解けるレベルに仕上げていく」という考え方

第2ステップ  「図解」 「出題論点チェック」 

・テキストの体系番号ごとに「完全合格講座」の解説講義を聴いた後に、その範囲(同じ体系番号)の「過去問解説集 Standard」を使った一問一答形式の問題演習をマイペースで行います。A→Bの図解を行いながら丁寧に演習することで、問題文から事例設定を読み取る能力が自然に身についてきます。

・事例を図解できる能力があれば、あとは知識の当てはめ作業により充分に解答できる問題が多いですから、
図解をできるようになるか否かが合否を別けるといっても過言ではないです。

登場人物の権利関係の図解が必要なものについては、「過去問解説集 Standard」の解説欄に図解を挿入していますので、
解説欄の図解を書き写すことから始めることでマスターできるようになる作業だと考えています。始めから上手に図解できる受験者は少数派です。


・過去問演習を行う際には、テキストの記述と照らし合わせて、テキストの該当箇所に赤印を入れる「出題論点チェック」を行うのが大事です。

「過去問解説集 Standard」の解説欄にテキストへのリンク先ページが記載されています。この足跡を残す作業をすることで、頻出事項が一目瞭然になり、再度の復習も効果的に行うことができます。

・学習のはじめの段階では、「テキストを参照すれば、解答できる、自分に説明できる」レベルに到達することが目標ですので、知識をあてはめる作業は、あえてテキストを参照しながら行うことをおすすめしています。

①テキストを参照すれば、解答できる、自分に説明できる
②テキストを参照しなくても、解答できる、自分に説明できる

というふうに、本試験までの間に①のレベルから②のレベルへと段階的に仕上げていく作業をイメージしてください。テキストの該当箇所をすばやく開くことができるようになるのが大事です。

そして、少なくともこの段階までは、「問題を正答できるかどうか、問題を解けるかどうか」なんて関係ないですから、できるだけ、「なぜ○になるのか、なぜ×になるのか」、一肢一肢の理由を探りながら学習を進めるのが大事です。


 

 「梶原塾 / 宅建試験の学習法・完全合格マニュアル 」 
  
http://kajiwarajuku.com/takken/10.html  


 「梶原塾 / 宅建試験・完全合格講座のMP3音声ファイル(約23時間)をまとめてダウンロード」 

 http://kajiwarajuku.com/free/takken-podcast.html 



投稿者: 梶原塾 田中優彦 Google

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

|

« 宅建試験・完全合格マニュアル2017年版(平成29年度受験版)㉑ | トップページ | 宅建試験・完全合格マニュアル2017年版(平成29年度受験版)㉓ »

● 宅建試験/完全合格マニュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宅建試験・完全合格マニュアル2017年版(平成29年度受験版)㉑ | トップページ | 宅建試験・完全合格マニュアル2017年版(平成29年度受験版)㉓ »