« 2017年3月 | トップページ

2017年4月29日 (土)

宅建試験・完全合格マニュアル2017年版(平成29年度受験版)⑭

❷ 学習の考え方編

● 学習の基本的な流れ

・学習の基本的な流れは①~②の繰り返しになります。

 ①テキストの体系番号ごとに解説講義を聴く(インプット)  
 ②解説講義を聴いた体系番号の問題演習をする(アウトプット)

・①~②の作業を全科目について完結することを「1回転」と呼んでいます。全科目についてインプットを終えてからアウトプットに取り掛かるのではなく、テキストの体系番号ごとに「①解説講義を聴いて
②問題演習をする」作業を行うのが大事です。

・確実に合格するためには、①~②について最低2回転を修了した後に、解説講義を除いた問題演習中心の学習を2回転以上することが必要です。

 

 「梶原塾 / 宅建試験の学習法・完全合格マニュアル 」 
  
http://kajiwarajuku.com/takken/10.html  



投稿者: 梶原塾 田中優彦 Google

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

| | コメント (0)

2017年4月25日 (火)

宅建試験・完全合格マニュアル2017年版(平成29年度受験版)⑬

❷ 学習の考え方編

● 科目別出題数の変更に関して

・平成21年度より権利関係法令・法令上の制限・税その他①からの出題数が減少して、宅建業法からの出題数が増加しましたが、権利関係法令を重視した学習カリキュラムに変更はありません。

法律の学習の基本となる民法(権利関係法令)についての学習をしっかりと行うことによって、宅建業法等の科目についても、理解して学習することが可能になると考えられるからです。

➩平成24年度以降の本試験では、宅建業法を中心に個数問題・組合せ問題の出題が増加した事から、確実に目標点をクリアするためには、これまで以上に正確な知識が要求されるようになっています。
 ex.平成28年度の出題形式 全50問中、個数問題6問・組合せ問題2

・確かに、出題数が増加した宅建業法については、権利関係法令に比べると、初学者でも短期間でマスターすることができますが、宅建業法の得点だけでは合否判定基準点を超える得点をすることはできませんし、宅建業法で20点満点を計算するのは難しいです。

学習時間に対する得点効率だけを考えた学習では、確実に合否判定基準点に到達することはできないですから、学習効果を重視した学習法を採用して確実に合否判定基準点を獲得すべきだと考えています。


 
 【科目別出題数の変更】

 

                                               
 

 

 
 

平成20年度

 
 

平成21年度以降

 
 

増減数

 
 

権利関係法令

 
 

16

 
 

14

 
 

2問減少

 
 

宅建業法

 
 

16

 
 

20

 
 

4問増加

 
 

法令上の制限

 
 

9

 
 

8

 
 

1問減少

 
 

税その他①

 
 

4

 
 

3

 
 

1問減少

 
 

税その他②(5問免除科目)

 
 

5

 
 

5

 
 

増減なし

 


 
 「梶原塾 / 宅建試験の学習法・完全合格マニュアル 」 
  
http://kajiwarajuku.com/takken/10.html  



投稿者: 梶原塾 田中優彦 Google

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

| | コメント (0)

2017年4月18日 (火)

宅建試験・完全合格マニュアル2017年版(平成29年度受験版)⑫

❷ 学習の考え方編

● 確実に合格するための学習の考え方 (講座のポリシー)

・「完全合格講座」は、宅建試験に合格する為に必要な過去問レベルの知識の習得を目標に、復習する事を前提に、合格レベルで講義しています。

・合格という結果を残すことが最大の目標ですので、効率的で効果的に学習するために、合否に影響しない難易度の高い問題や知識をカットして、「
ボリュームを少なくすることで精度を上げるという考え方」で指導しています。

また、「どこが出題されるのか?」という視点(出題予想)ではなく、「本試験で出題される可能性の高い知識(出るとこ)の中から、出題された際には得点しなければならない知識なのか?」という視点で教材の作製を行っています。

➩過去問が解けるようになれば合格が見えてきますし、「みんなが解ける正解率の高い問題」を正答できれば合格ラインを超える得点をすることができます。

・わかりやすい所だけをピックアップして、時間をかけて面白おかしく、わかりやすく解説する講義でもありません。講義の中で宅建試験に合格するための材料を確実にお渡しして、それを活用して復習していただくための講義だと考えています。

そもそも解説講義を1回聴いただけで全てを理解することは不可能ですし、そんな魔法のような宅建試験対策の教材や学習法は存在しないです。


 
 「梶原塾 / 宅建試験の学習法・完全合格マニュアル 」 
  
http://kajiwarajuku.com/takken/10.html  



投稿者: 梶原塾 田中優彦 Google

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

| | コメント (0)

2017年4月16日 (日)

管理業務主任者試験の無料公開講座について

管理業務主任者試験対策の完全合格講座(2017年版)を無料受講することができます。

音声解説講義(MP3ファイル)とテキスト(PDF)と過去問解説集Standard(PDF)をダウンロードして無料受講できます。

●マンション管理 (マンション標準管理規約・コメント) P2~P9

 P2 マンション標準管理規約

 P3 総則①(1条~2条)
    総則②(3条~6条)

 P4 専有部分の範(7条)
    共用部分の範囲(8条)

 P5 敷地および共用部分等の共有(9条~11条)

 P6 用法①(12条~13条) 
    用法②バルコニー等の専用使用権(14条) 
    用法③敷地および共用部分等の第三者の使用(16条)

 P7 用法④駐車場の使用(15条)

 P8 用法⑤専有部分の修繕(17条)

 P9 用法⑤専有部分の修繕(17条)

●マション管理業 (マンション管理適正化法) P2~P9

 P2 マンション管理適正化法 (マンションの管理の適正化の推進に関する法律)
    用語の定義①

 P3 用語の定義②総則

 P4 マンション管理業
    管理業者の登録

 P5 管理業者の更新の登録
    管理業者の廃業等の届出  
    登録簿等の閲覧と禁止事項等

 P6 管理業務主任者とは
    管理業務主任者①試験

 P7 管理業務主任者②登録

 P8 管理業務主任者③主任者証の交付

 P9 管理業務主任者の死亡等の届出
    従業者証明書
    宅地建物取引業者による設計図書の交付等

》 梶原塾 / 管理業務主任者試験・完全合格講座のMP3音声ファイル(約24時間)をまとめてダウンロード 


 

投稿者: 梶原塾 田中優彦 Google

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

| | コメント (0)

宅建試験の無料公開講座について

宅建試験対策の完全合格講座(2017年版)を無料受講することができます。

音声解説講義(MP3ファイル)とテキスト(PDF)と過去問解説集Standard(PDF)をダウンロードして無料受講できます。

●権利関係法令 P2~P9

 P0 完全合格講座ガイダンス

 P2 契約の成立  
    契約が成立すると

 P3 契約の有効要件と契約関係の処理のまとめ
    売買契約費用

 P4 詐欺による意思表示

 P5 強迫による意思表示

 P6 通謀虚偽表示その1

 P7 通謀虚偽表示その2

 P8 心裡留保による意思表示

 P9 錯誤による意思表示

●宅建業法 P2~P9

 P2 宅建業法の目的
    宅地建物取引業者と宅地建物取引士

 P3 宅地建物取引業とは
    免許に関する例外

 P4 業者免許

 P5 取引士
    従業者証明書

 P6 変更の届出と変更の登録
    書換え交付

 P7 免許換えと登録の移転
    廃業の届出と死亡等の届出

 P8 再交付
    返納

 P9 会社の合併のイメージと新たな免許の要否

》 梶原塾 / 宅建試験・完全合格講座のMP3音声ファイル(約23時間)をまとめてダウンロード 


 

投稿者: 梶原塾 田中優彦 Google

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

| | コメント (0)

2017年4月11日 (火)

宅建試験・完全合格マニュアル2017年版(平成29年度受験版)⑪

❶ 【宅地建物取引士資格試験について】

● 登録講習(5問免除講習)について

・「登録講習修了者」とは、国土交通大臣の登録を受けた機関が行う講習を受講し、その修了試験に合格した方で試験の一部免除を受けようとする者をいいます。登録講習を受講するための要件は、「宅建業に従事していること」です。

・「登録講習修了者」については、税その他②(問46~問50)の5問について免除されますので、「問1~問45までの得点結果に、免除された分の5点がプラスされる」と考えることができます。ただし、「一般受験者」の合格者であれば、問46~問505問のうち3点~4点(@3.5点)は得点してきますので、5点分有利となるわけではありませんので、次のように考えるのが一般的です。
 
・「一般受験者」に比べて、1点~2点有利となる。
 ・免除された科目について学習する負担が軽減される。

・梶原塾の塾生について、「登録講習修了者」の得点結果を分析すると、合格者であれば合否判定基準点よりも3点以上高めの得点ができている塾生が圧倒的に多いです。反対に、不合格者については、まったく得点が足らない塾生が多いです。

・要は、合格者については、免除がなくても充分に合否判定基準点を満たしていたということになりますから、「自分に必要な事をやったか、やらなかったか」で合否が決まっているということになります。登録講習を受講して免除されたことで油断が生じてしまわないように注意が必要ですが、
「免除された科目について学習する負担が軽減される。」のは事実ですから、受講要件を満たす方については、「保険を掛ける」意味で受講を検討するのも一考です。 

 
 「梶原塾 / 宅建試験の学習法・完全合格マニュアル 」 
  
http://kajiwarajuku.com/takken/10.html  



投稿者: 梶原塾 田中優彦 Google

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

| | コメント (0)

2017年4月 4日 (火)

宅建試験・完全合格マニュアル2017年版(平成29年度受験版)⑩

❶ 【宅地建物取引士資格試験について】

● 最低目標点の設定 (一般受験者・5問免除者)

・梶原塾では、その年の合否判定基準点(合格ライン)を超える得点を確実に得点できるように教材の作製を行っています。 その年の合格ラインの「プラス4点±2点」を目標点に設定してください。
仮に、36点が合否判定基準点だと仮定すると、一般受験者については40点前後(38点~42点)が目標点ということになります。 
5問免除者(登録講習修了者)については、31点が合否判定基準点だと仮定すると35点前後(33点~37点)が目標点ということになります。

・効率的で効果的に学習することが大事になりますが、効率だけを考えて「その年の合否判定基準点分の学習」をするのは困難ですし、はじめからMAXでその年の合否判定基準点分しか得点できないような学習を行っても、「あと何点」に泣く可能性が高いです。

次のように科目別の最低目標点の設定をすることで、確実に目標点をクリアすることができます。

 【科目別の最低目標点】 

                                                                           
 

 

 
 

一般受験者

 
 

5問免除者

 
 

権利関係法令

 
 

14問中

 
 

9

 
 

65%

 
 

14問中

 
 

8

 
 

58%

 
 

宅地建物取引業法

 
 

20問中

 
 

17

 
 

85%

 
 

20問中

 
 

17

 
 

85%

 
 

法令上の制限

 
 

8問中

 
 

5

 
 

63%

 
 

8問中

 
 

4

 
 

50%

 
 

税その他①②

 
 

8問中

 
 

5

 
 

63%

 
 

3問中

 
 

2

 
 

67%

 
 

全科目合計

 
 

50問中

 
 

36

 
 

72%

 
 

45問中

 
 

31

 
 

69%

 

36点+α 科目別の最低目標点プラスαが目標点となります。

 

 
 「梶原塾 / 宅建試験の学習法・完全合格マニュアル 」 
  
http://kajiwarajuku.com/takken/10.html  



投稿者: 梶原塾 田中優彦 Google

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

| | コメント (0)

2017年4月 2日 (日)

宅建試験・完全合格マニュアル2017年版(平成29年度受験版)⑨

❶ 【宅地建物取引士資格試験について】

試験の基準と過去10年間の宅建試験のデータ

・宅地建物取引業に関する実用的な知識を有するかどうかを判定することに基準が置かれています。(宅建業法施行規則第7条)

・平成19年度から平成28年度までの宅建試験の合否判定基準点は、31点~36点で、平均すると
33.7となります。合格率は、15.1%17.8%で、平均すると14.6%となっています。

・合否判定基準の詳細については公表されていませんが、おそらく合格率ではなくて、予定した合格者数を超えた点数で切っているのではないかと推測しています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
 

 

 
 

28

 
 

27

 
 

26

 
 

25

 
 

24

 
 

23

 
 

22

 
 

21

 
 

20

 
 

19

 
 

申込者(人数)

 
 

全体

 
 

245,742

 
 

243,199

 
 

238,343

 
 

234,586

 
 

236,350

 
 

231,596

 
 

228,214

 
 

260,944

 
 

260,591

 
 

260,633

 
 

一般

 
 

196,358

 
 

201,483

 
 

193,508

 
 

192,704

 
 

196,206

 
 

192,996

 
 

190,479

 
 

201,185

 
 

217,750

 
 

222,895

 
 

5

 
 

49,384

 
 

41,716

 
 

44,835

 
 

41,882

 
 

40,144

 
 

38,600

 
 

37,735

 
 

40,759

 
 

42,841

 
 

37,738

 
 

受験者(人数)

 
 

全体

 
 

198,463

 
 

196,926

 
 

192,029

 
 

186,304

 
 

191,169

 
 

188,572

 
 

184,396

 
 

195,515

 
 

209,415

 
 

209,684

 
 

一般

 
 

154,340

 
 

153,210

 
 

151,802

 
 

149,239

 
 

149,239

 
 

155,393

 
 

153,906

 
 

158,909

 
 

170,955

 
 

175,541

 
 

5

 
 

44,123

 
 

41,716

 
 

40,227

 
 

37,065

 
 

35,776

 
 

34,666

 
 

33,886

 
 

36,606

 
 

38,460

 
 

34,143

 
 

合格者(人数)

 
 

全体

 
 

30,584

 
 

30,028

 
 

33,670

 
 

28,470

 
 

32,000

 
 

30,391

 
 

28,028

 
 

34,918

 
 

33,946

 
 

36,203

 
 

一般

 
 

21,763

 
 

21,590

 
 

23,660

 
 

20,674

 
 

23,900

 
 

23,717

 
 

21,353

 
 

25,192

 
 

25,256

 
 

26,694

 
 

5

 
 

8,821

 
 

8,438

 
 

10,010

 
 

7,796

 
 

8,100

 
 

6,674

 
 

6,675

 
 

9,726

 
 

8,690

 
 

9,509

 
 

合格率
 
(%)

 
 

全体

 
 

15.4

 
 

15.4

 
 

17.5

 
 

15.3

 
 

16.7

 
 

16.1

 
 

15.1

 
 

17.8

 
 

16.2

 
 

17.2

 
 

一般

 
 

14,1

 
 

14.1

 
 

15.6

 
 

13.9

 
 

15.4

 
 

15.4

 
 

14.2

 
 

15.9

 
 

14.8

 
 

15.2

 
 

5

 
 

20.0

 
 

20.2

 
 

24.9

 
 

21.0

 
 

22.6

 
 

19.3

 
 

19.6

 
 

26.5

 
 

22.5

 
 

27.8

 
 

5問免除者の 合格者占有率

 
 

28,8

 
 

28.1

 
 

29.7

 
 

27.4

 
 

25.3

 
 

21.9

 
 

23.8

 
 

27.8

 
 

25.5

 
 

26.2

 
 

合否判定      基準

 
 

35

 
 

31

 
 

32

 
 

33

 
 

33

 
 

36

 
 

36

 
 

33

 
 

33

 
 

35

 

5問免除者の合否判定基準点は、一般受験者のマイナス5点となる。
※一般財団法人不動産適正取引推進機構発表のデータを集計した。

 

 
 「梶原塾 / 宅建試験の学習法・完全合格マニュアル 」 
  
http://kajiwarajuku.com/takken/10.html  



投稿者: 梶原塾 田中優彦 Google

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ