« 宅建試験対策、丸暗記は本試験でも実務でも役に立たないものが多い! その2 | トップページ | 宅建試験対策、知識の氾濫に溺れないで!情報処理の能力が合否を左右する その2 »

2016年6月11日 (土)

宅建試験対策、知識の氾濫に溺れないで!情報処理の能力が合否を左右する その1

宅建試験対策の予備校を利用する受験生の場合を例にすると、本試験までの間に、受講生の方に提供される情報(知識)は、膨大な量になり<ます。

分類すると、①テキスト ②過去問集 ③答練 ④模擬試験 ⑤まとめ集などですが、①~⑤で提供される情報が全てテキストに記載されているわけではないのです。

したがって、バラバラに分散している情報を効率よく学習するためには、少し作業が必要になってきます。

具体的には、たとえばテキストに記載のない知識が②過去問集で登場した場合には、その知識をテキストに書き込んでいって、「ひとつにまとめる」作業が必要になりますし、重複している内容は、整理してひとつにまとめる作業が必要になります。

書いてあるものにまとめることができないのに、頭の中にまとめることができるハズがありません!

「過去問は完璧なのですが・・・」と言われる毎年2・3点に泣いている方が典型例なのですが、問題集を拝見させていただくと、ほとんどの場合、問題集の解説欄にマーカーがされているだけで、テキストへの書き込み(情報の一元化)等ができていないことが多いです。

要は、情報の一元化ができていないために、頭の中には知識としてインプットされてはいるものの、過去問と少し違った問われ方(アプローチ)をされるとお手上げ状態になってしまっているという事です。

この事は、複数年受験生の方に多く見られる傾向なのですが、予備校を利用されない独学の方にも同じ事が言えます。
確実に合格するためには、情報の一元化が必要不可欠となります。

また、僕が、「情報の整理」ではなく、「情報処理」という言葉を使うのには訳があります。合格するために必要でない知識をカットする(処理する)作業が必要になるからです。

①~⑤で提供される情報の全てを消化していては、相当な労力が必要になります。

ハッキリ書くと、提供された情報全てについて、まともに対応していたら、一発合格できる可能性はかなり低くなり、再受験という結果になりかねません!

宅建試験の出題範囲は他の資格試験と比較しても「かなり広い」と言えます。
効率よく確実に合格するためには、必要でない知識をカットすることにより、必要な知識のみをしっかり、メリハリを付けた学習をする事が大事です。・・・つづく

» 宅建試験対策の学習法の完全合格マニュアルはこちら

投稿者: 梶原塾 田中優彦 Google  060308

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

|

« 宅建試験対策、丸暗記は本試験でも実務でも役に立たないものが多い! その2 | トップページ | 宅建試験対策、知識の氾濫に溺れないで!情報処理の能力が合否を左右する その2 »

◆ 宅建試験/宅建受験のバイブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155004/40962232

この記事へのトラックバック一覧です: 宅建試験対策、知識の氾濫に溺れないで!情報処理の能力が合否を左右する その1:

« 宅建試験対策、丸暗記は本試験でも実務でも役に立たないものが多い! その2 | トップページ | 宅建試験対策、知識の氾濫に溺れないで!情報処理の能力が合否を左右する その2 »