« 宅建受験のお金と時間の使い方 | トップページ | 宅建試験対策、2~3点足らずの不合格者と5問免除資格者の陥る罠 その2 »

2016年5月26日 (木)

宅建試験対策、2~3点足らずの不合格者と5問免除資格者の陥る罠 その1

昨年の宅建試験で2~3点足らなかったという事で、5問免除の講習を受講される方がおられますが、この場合、ちょと注意しなければならないことがあります。

まず、受講生からよく問い合わせのある事例(下記①②)を「合格基準点が35点」と仮定して考えてみます。

①前年の宅建試験の本試験の得点結果が33点で、2点足らずでの不合格だった。
②前年の問46~50の5問免除科目の得点が3点だった。

したがって、5問免除の資格を得ることにより、免除される5点から昨年得点できていた3点をマイナスした2点分が加点され、後は自動的に合格できるという考え方です。

本当にそう考えてしまっていいのでしょうか?!
たしかに、何の努力もなしに、昨年の本試験時と同じ状態で解答できるのならそういう計算も可能なのかもしれませんが、現状のままでは昨年と同じ得点ですら獲得できないハズです。

昨年の本試験時のレベルにもう一度仕上げていく作業が必要になってくるハズなのです。

本試験では、問46~50の5問を除いた45問を解答することになりますが、35点が合格基準点の年ならば、45問中の30点が合格基準点になります。
したがって、67%は正解しなければ合格はできないことになります。
確率でみると、一般受験生の70%との相違はたった3%にしかならないのです。 ・・・つづく

» 宅建試験対策の学習法の完全合格マニュアルはこちら

投稿者: 梶原塾 田中優彦 Google  060324

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

|

« 宅建受験のお金と時間の使い方 | トップページ | 宅建試験対策、2~3点足らずの不合格者と5問免除資格者の陥る罠 その2 »

◆ 宅建試験/宅建受験のバイブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155004/40962236

この記事へのトラックバック一覧です: 宅建試験対策、2~3点足らずの不合格者と5問免除資格者の陥る罠 その1:

« 宅建受験のお金と時間の使い方 | トップページ | 宅建試験対策、2~3点足らずの不合格者と5問免除資格者の陥る罠 その2 »