« 管理業務主任者試験対策の2016年(平成28年度受験版)のテキスト・過去問解説集Standard(書籍・電子書籍)を販売開始しました。 | トップページ | 宅建試験のながら勉強と学習時間の確保 »

2016年4月28日 (木)

「宅建試験合格」という結果を出すために、一番大事なこと

宅建試験対策の学習は、権利関係法令から学習を始めるべきだと書きましたが、法律系資格試験の指導する側の本音としては、この考え方自体は、すごくスタンダードな考え方だと思います。

それなのに、なぜ、宅建業法から学習することを薦める指導機関が多いのでしょうか。

いくつか理由が考えられますが、権利関係法令から学習を始めると、勉強の入り口の段階で脱落する方が多くなってしまうことが最大の理由なのではないかと考えています。

宅建業法から学習を始めれば、なんとか学習を継続させることができる確率は高いです。
そして、学習を継続できれば、一部の科目については、それなりに得点できるようになるので、合格レベルまで達する可能性が低かったとしても、その事により満足感を提供しようとの考えなのです。

指導機関はサービス業ですから、勉強の入り口の段階で脱落されてテキストや講座の悪評がたつことよりも、そのように指導することにより顧客満足度が上がる?ことを選択しているように思えます。

一方、そのことで満足してしまっている指導される側にとってはどうなのでしょうか。

たしかに、「継続する」ということは、宅建受験に限らず大事なことなのかもしれませんが、そもそも学習を始める「目的」は何なのでしょうか?!
少なくとも、学習を継続して、「勉強をしている」・「学校に通っている」などの満足感を得ることが目的ではないハズです。

そうであるハズなのに、不合格になってしまう受験生の多くは、手段であるハズの「勉強・通学をすること」が目的になってしまって、本来の「目的」であるハズの「合格」という結果を出すために学習していることを忘れてしまっている方がすごく多いです。

そして、本来の「目的」を見失ってしまった場合は、どんなテキスト・過去問集を使おうが、どの学校の講座を受講しようが、「宅建試験合格」という結果を得ることは難しくなってきます。

自分は何のために宅建の学習を行うのか?!
「合格」という結果を出すためには、本試験当日まで、常に目的を確認し、意識しながら学習を続けることが、一番大事なことになってきます。

» 宅建試験対策の学習法の完全合格マニュアルはこちら

投稿者: 梶原塾 田中優彦 Google   060419

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

|

« 管理業務主任者試験対策の2016年(平成28年度受験版)のテキスト・過去問解説集Standard(書籍・電子書籍)を販売開始しました。 | トップページ | 宅建試験のながら勉強と学習時間の確保 »

◆ 宅建試験/宅建受験のバイブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155004/40962246

この記事へのトラックバック一覧です: 「宅建試験合格」という結果を出すために、一番大事なこと:

« 管理業務主任者試験対策の2016年(平成28年度受験版)のテキスト・過去問解説集Standard(書籍・電子書籍)を販売開始しました。 | トップページ | 宅建試験のながら勉強と学習時間の確保 »