« 管理業務主任者試験の平成24年本試験問題・問29について | トップページ | 平成24年度(2012年)管理業務主任者試験の合格発表が行なわれました。 »

2012年12月12日 (水)

宅建試験・管理業務主任者試験対策/試験の難易度と試験問題の難易度について その2/2

>>その1/2からどうぞ!

ところで、”試験問題の難易度”については、次のように掘り下げて分析することで、平成25年度以降の試験対策のヒントにする事ができます。

(1)出題論点そのものの難易度
(2)出題形式による難易度

たとえば、平成24年の宅建試験を分析すると、一般的に、(1)出題論点そのものの難易度は低く、(2)出題形式による難易度が高い問題が多かったと考えることもできます。

要は、問われている論点は平易だが、個数問題等の問われ方が難解な問題が多かったという事になります。


また、(1)出題論点そのものの難易度は、量的に何年分程度の過去問演習が必要になるのかの判断材料にもなりますし、(2)出題形式による難易度は、どのような方法(一問一答形式or四肢択一形式)で過去問演習を行うべきかの判断材料にもなります。

11年以上前の過去問からの出題論点についても過去問として教材に取り込んで繰り返し学習する事により、(1)出題論点そのものの難易度を下げる事ができると考える事ができますし、一問一答形式の過去問集を使用して問題演習を繰り返す事により、個数問題等の問われ方が難解な問題に対応し、(2)出題形式による難易度を下げる事ができると考える事もできます。

要は、過去10年の過去問の重要ポイントだけでなく、ここ数年合否を分ける問題で頻繁に出題されている11年以上前の過去問からの重要ポイントについても、普段の学習の中に取り込んで繰り返し問題演習することで容易にマスターできるようになるという事です。


尚、平成24年度の宅建試験の上記(1)(2)についての各資格試験予備校での難易度の評価が異なっていますが、梶原塾の塾生については、本試験データの分析をすると、いずれについても難易度は低かったと評価することができます。
しっかりと本試験問題を分析し対応する事で、効率的で効果的な学習を実践できる教材を使用して繰り返し学習していたからだと考えています。

正確な知識を問われる個数問題の増加など、本年度の出題傾向が続くようであれば、ますます一般受験者や他校の受講生よりも有利に受験対策を行う事ができますので、これまで通りの方針で、平成25年度の教材も作製しています。


2013年(平成25年度受験版)の宅建試験対策のテキスト・過去問解説集Standard(書籍・電子書籍)は、1月にスタートするポッドキャスト(解説講義のMP3音声ファイルの無料ダウンロード)とYouTubeでの視聴開始に先立って、平成24年12月9日に販売開始しています。
本年度も「完全合格講座」のすべての解説講義(約50時間)を無料・無登録で受講できます。
直前期対策の総まとめ重要ポイント講座や模擬試験も付属する「完全合格講座プロ」のお申し込みも開始しています。
12月中のお申込みについては、2012年(平成24年度受験版)の全科目を発送し、4月中旬に改めて2013年(平成25年度受験版)の全科目を発送します。

解説講義のMP3音声ファイルとテキスト・過去問解説集のPDFファイルを一括してダウンロード(ZIPファイル)できる「完全合格講座デジタル」は、2013年版(平成25年度受験版)へ無償アップグレードできます。項目別に選択して、一律1,000円でダウンロード受講(電子書籍PDFファイル版・MP3音声ファイル)できます。

梶原塾 田中優彦

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

|

« 管理業務主任者試験の平成24年本試験問題・問29について | トップページ | 平成24年度(2012年)管理業務主任者試験の合格発表が行なわれました。 »

■ 管理業務主任者試験/学習法・教材の選択と利用法」カテゴリの記事

● 宅建試験/学習法・教材の選択と利用法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 管理業務主任者試験の平成24年本試験問題・問29について | トップページ | 平成24年度(2012年)管理業務主任者試験の合格発表が行なわれました。 »