« 平成24年度宅建試験の本試験問題・問5・問40について | トップページ | 宅建試験対策の過去問演習の方法と過去問集の選択について・・・一問一答形式と四肢択一形式の過去問演習 その1/2 »

2012年10月28日 (日)

管理業務主任者試験対策/直前期に「知識量を減らした講座」を受講しても合格することはできないです。

管理業務主任者試験対策の直前期講座の場合は、時間を短縮するために「知識量を減らした講座」が多いです。
知識量を減らす事で、市販本等で普通に学習してくる受験生が何度も問題演習してくる過去問の出題論点もカットすることになり、その講座を受講することで実力で得点できるのは50問中30点未満の得点ですから、後は運次第で、結果が良くてもボーダーラインぎりぎりの得点しかできないです。

先日行われた宅建試験対策の「直前期講座」の場合も多くのものが同様でした。
知識量を減らすことで、解りやすいところを解りやすく解説をする事から人気講座となっている場合もありますが、確実に合格に導くことはできないです。

梶原塾では、「完全合格講座」でも、本試験で出題される可能性の高い知識(出るとこ)の中から、出題された時には得点しなければならない知識に絞って教材を作製していますので、「直前期講座」であっても知識量を減らすことはしません。
その分、厳しい学習カリキュラムになりますが、特に宅建試験受験後に本格的に学習を開始する受験生の場合は、時間をかけて準備してきた受験生と勝負するのですから、やるしかないです。

「直前期・総まとめ重要ポイント講座」は、直前期に重要となる「まとめる作業」を一問一答形式の過去問演習(1246肢の全問解説)を中心として全科目について全6回で完結します。
INPUTまとめ講義(15:33:35)、OUTPUT問題演習の解説(21:47:37)の構成です。

本文をそのまま残した一問一答形式の問題で問題演習を繰り返すことで、事例設定を読み取る力も身に付きますし、個数問題に自信を持って解答できるようになります。
問題演習の題材とするのは、管理業務主任者試験とマンション管理士試験の過去問題1246肢です。
マンション管理士試験の重要過去問題も攻略することで、合格を確実なものにしていきます。

梶原塾 田中優彦

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

|

« 平成24年度宅建試験の本試験問題・問5・問40について | トップページ | 宅建試験対策の過去問演習の方法と過去問集の選択について・・・一問一答形式と四肢択一形式の過去問演習 その1/2 »

■ 管理業務主任者試験/直前期対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成24年度宅建試験の本試験問題・問5・問40について | トップページ | 宅建試験対策の過去問演習の方法と過去問集の選択について・・・一問一答形式と四肢択一形式の過去問演習 その1/2 »