« 宅建試験、脱落しないで受験戦線に生き残るために。 | トップページ | 宅建試験の学習は、過去問の出題論点を理解して解けるようになるのが一番の薬なのです。 »

2012年4月27日 (金)

宅建試験に合格するための学習スケジュール

宅建試験対策の学習スケジュールについては、受験者それぞれの事情が絡んでくることから個別に対応することにしていましたが、要望が多いので一般的な受験者の場合という事で記事にします。

日々の学習スケジュールを立てる際には、1週間を1クール(期間)として1週間あたりの目標学習時間を割り振って計画するのがお勧めです。
この場合、①週末を中心とした学習スケジュールと②平日を中心とした学習スケジュールに分類することができますが、②平日を中心とした学習スケジュールを立てることをお勧めしています。

①週末中心の学習スケジュールを選択する受験者の場合は、「平日は仕事があるので時間が読めない」ことを理由にしていることが多いですが、週末にできなかった分を平日に消化することができずに脱落してしまう原因になることが多いようです。
②平日中心の学習スケジュールを選択して、「平日にできなかった分を週末を利用して消化する」という考え方をするのがお勧めです。

たとえば、1週間あたりの目標学習時間を10時間と設定した場合、②平日中心の学習スケジュールを選択すれば10時間(2時間×5日)となりますが、①週末中心の学習スケジュールを選択すると10時間(5時間×2日)となります。
予定通りに学習できなかった場合でも②平日中心の学習スケジュールを選択していれば週末を利用して消化できるでしょうが、①週末中心の学習スケジュールを選択していた場合に平日を利用して消化することは難しいです。

また、①週末中心の学習スケジュールを選択した場合でも、9月中旬以降の超直前期には平日に学習することも必要になってきますので、今のうちから平日に時間を作って学習する癖を身に着けておくことも必要になってきます。
毎日コツコツやるのが一番だという事になります。

期間別の1週間あたりの目標学習時間の目安は次の通りです。

●5月第2週~8月第2週(14週間)
10時間(2時間×5日)×14週=140時間

●8月第3週~9月第3週(5週間/直前期)
14時間(2時間×7日)=70時間

●9月第4週~10月第3週(5週間/超直前期)
21時間(3時間×7日)=110時間

お盆までの期間は、平日のみ週10時間(2時間×5日)の学習を計画して、できなかった分を週末に消化するという計画でOKです。
その後直前期には週末も含めた週14時間(2時間×7日)、超直前期には1日当たりの学習時間を増やして週21時間(3時間×7日)程度の学習時間は最低限確保して欲しいです。

春までに学習を開始した受験者であれば、お盆までに2回転を目標に学習スケジュールを立てることをお勧めしています。
上記スケジュールで5月のGW明けから学習を開始した場合は、2回転目が終了するのが9月中旬頃になります。
直前期(8月中旬~9月中旬)や超直前期(9月中旬~10月中旬)になって、宅建試験対策の学習に専念できる環境の受験者の場合は別ですが、一般的な受験者の場合は、「最低でもお盆までに1回転」させなければ確実に合格することはできないと考えてください。
学習開始時期が遅れるにしたがって、「1週間あたりの目標学習時間」を増やして学習スケジュールを立ててください。

尚、梶原塾の「完全合格講座」を受講する場合に全科目について1回転させるのに必要となる学習時間の目安は約100時間です。
過去問演習等を含めると、約50時間の解説講義の2倍の学習時間を要すると考えてください。
1日2時間の学習時間であれば、約1時間分の解説講義を聴いてその範囲の過去問演習をするのが目途になります。
6月上旬から学習を開始した場合でも、「最低でもお盆までに1回転」はクリアできることになります。

学習方法については「宅建試験/完全合格マニュアル」を参考にして、効率的で効果的な学習を実践してください。
全11回で約2時間36分の音声解説講義です。PDFファイルを参照しながら視聴するのがお勧めです。

» 宅建試験対策の学習法の完全合格マニュアルはこちら

梶原塾 田中優彦

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

|

« 宅建試験、脱落しないで受験戦線に生き残るために。 | トップページ | 宅建試験の学習は、過去問の出題論点を理解して解けるようになるのが一番の薬なのです。 »

● 宅建試験/学習法・教材の選択と利用法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宅建試験、脱落しないで受験戦線に生き残るために。 | トップページ | 宅建試験の学習は、過去問の出題論点を理解して解けるようになるのが一番の薬なのです。 »