« 宅建試験、お盆が明けたら猪突猛進するしかない!! 【心構え編】 | トップページ | 模擬試験の受験と「みんなが解ける正解率の高い問題」について »

2011年9月10日 (土)

管理業務主任者試験の「建物・設備」分野の対策

管理業務主任者試験や宅建試験など多くの資格試験では、「みんなが解ける正解率の高い問題」を正答できれば合格ラインを超える得点をすることができます。
ですから、効率的で効果的に学習をするためには、みんなが解けない正解率の低い問題に対応するための学習に時間を費やしてしまわないことが大事になります。

管理業務主任者試験では、「建物・設備」分野から11問前後の出題がありますが、このうち対策を講じて実力で解ける問題は3~4問の出題しかありません。
50問中の7~8問(11問-3~4問)を捨て問にすることには抵抗があるでしょうが、効率的で効果的に学習をして合格するためには必要な選択肢だと考えています。

じつは、梶原塾では、この分野からなんとか5~6問を確実に得点できるような教材にできないものかと、他校の講座を受講してみたり、市販されているテキスト等の教材を参考にしてみましたが、対応できていると言える教材はありませんでした。
マンション管理士試験と管理業務主任者試験対策として「設備」分野の攻略に特化した講座でも対応できていませんでした。
各教材の目標点の設定と教材の内容にはかなりの齟齬(そご)があるのが実情です。

また、試験実施機関が実施する他の認定資格試験の指定参考書からの出題もあることから、これに対応できないものかと検討しましたが、絶対的な情報量が多いことなどから実現できていません。

「建物・設備」分野については、無駄な時間を費やすよりも、建築基準法をはじめとした法令に絞った学習に留めて、他の分野(科目)から確実に得点できるように対策を講じるのが合格に直結した学習だと考えています。

尚、梶原塾では、試験範囲全体を5つの科目に分類しています。
「建物・設備」については、「建物に関する法令」として法令を中心に構成しています。

※主な収録法令等
●民法その他の法令
 民法・住宅品質確保法・住宅瑕疵担保履行法・借地借家法・民事訴訟法・消費者契約法・宅建業法

●マンション法
 区分所有法・不動産登記法・建替え円滑化法

●マンション管理
 マンション標準管理規約・管理組合の会計・劣化診断と大規模修繕

●マンション管理業
 マンション管理適正化法・マンションの管理の適正化に関する指針・マンション標準管理委託契約書

●建物に関する法令
 建築基準法・消防法・水道法・浄化槽法・バリアフリー法・エネルギーの使用の合理化に関する法律

» 梶原塾の管理業務主任者試験対策の教材はこちら

梶原塾 田中優彦

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

|

« 宅建試験、お盆が明けたら猪突猛進するしかない!! 【心構え編】 | トップページ | 模擬試験の受験と「みんなが解ける正解率の高い問題」について »

■ 管理業務主任者試験/学習法・教材の選択と利用法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宅建試験、お盆が明けたら猪突猛進するしかない!! 【心構え編】 | トップページ | 模擬試験の受験と「みんなが解ける正解率の高い問題」について »