« 宅建試験の予想合格ラインと解答速報(予想正解番号)について | トップページ | 過去問だけで合格できるのか…管理業務主任者試験対策の問題演習の方法編 »

2010年9月26日 (日)

模擬試験の活用と受講する目的について

いよいよ梶原塾でも宅建試験対策講座の模擬試験が始まりました。
梶原塾では全2回の模擬試験ですが、9月21日から29日の間を受験期間としている第1回目のデータの回収が進んでいるところです。

塾生から頂いた報告メールに返信する形で、成績表を作成して、ひとりひとりに対して科目別にコメントを付けたPDFファイルを返信しているのですが、塾生から頂いた報告メールの内容を見る限り、ほとんどの塾生についてはコメントを待つまでもなく自己分析できているようです。
たとえば、「法令上の制限で失点した国土法については、基本に戻ってやり直します。」とか、「8種制限の特約について再確認して整理してみます。」旨のメールを頂く事が多いです。

このブログ内で何度も指摘していますが、模擬試験の目的は、何点得点できたかではなく、時間配分の確認と、試験会場がどういう環境であっても120分間集中して受験することに慣れる事が一番の目的です。
そして、解説を読んでテキストの該当箇所に戻って知識を確認する際にも、上下左右に記載のある知識や関連知識との比較を含めて丁寧に確認作業を行うなどの受講後の復習をしっかり行うことも大事です。
その為に、梶原塾では、過去問題集と同様に模擬試験の解説欄にもテキストの該当ページや関連項目の参照ページを掲載しています。
また、模擬試験で出題された知識がテキストには記載されていないというような、受験者を悩ませる作業を強いられることもないように作製しています。

受けっぱなしの模擬試験の受講は、せっかく仕上がりかけた知識の精度を落としてしまう事になりかねませんので、要注意です。
模擬試験を受講することで、あやふやな点を発見して、ぶれた知識の再確認を行い、本試験に備えるのが大事だということになります。
ですから、模擬試験の作り手が設定した想定合格ラインを超えたか否かで一喜一憂していては受講する意味がないです。
模擬試験については、実力試しという位置付けではなく、あくまでも復習の材料として活用するのが大事なのです。

管理業務主任者試験対策講座の模擬試験についても、同じことが言えます。
梶原塾では、11月9日から模擬試験がスタートすることになりますが、受講後に的を得た自己分析ができるようだと、合格という結果が見えてくるということになります。
超直前期になって、最後にやるべき事を見つけるということも、模擬試験を受講する目的にして欲しいです。

右サイドバー下部のGOOGLEのサイト検索を利用すると、「模擬試験」や「直前期対策」に関連する過去記事を一覧できます。

» 宅建試験対策の学習法の完全合格マニュアルはこちら

梶原塾 田中優彦

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

|

« 宅建試験の予想合格ラインと解答速報(予想正解番号)について | トップページ | 過去問だけで合格できるのか…管理業務主任者試験対策の問題演習の方法編 »

■ 管理業務主任者試験/直前期対策」カテゴリの記事

● 宅建試験/直前期対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宅建試験の予想合格ラインと解答速報(予想正解番号)について | トップページ | 過去問だけで合格できるのか…管理業務主任者試験対策の問題演習の方法編 »