« 平成22年度宅建試験の受験者の動向について | トップページ | 管理業務主任者試験と宅建試験・マンション管理士試験のW受験について »

2010年8月22日 (日)

「過去問は完璧だと勘違いしていました」…宅建試験対策の過去問解説集Pro.の購入者からのフィードバック

梶原塾で一般受験生にも販売している「過去問解説集Pro.」の購入者からフィードバックをいただきました。

この受験生は、他校の講座を春から受講し、過去問演習を2回転(プラス誤った問題のみ1回転)行い、過去問は完璧に仕上げたので後は9月入っての模擬試験が勝負だと考えていたそうですが、このブログを読んで、直前期に重要出題論点の演習を短時間で行う際の演習材料にしようと、購入されたそうです。
ちなみに、「過去問解説集Pro.」は、1日から2日あれば全科目を1回転できる収録問題数(779肢)です。

そして、教材到着後、とりあえず、いまのうちに1回転させようと問題演習されたそうですが、ほぼ100%正解できるだろうという予定に反し、7割強の正解率にしかならなかったそうです。

一問一答形式の問題演習の効果については、このブログだけでなく、他の講師ブログなどでも推奨されていることから、本屋さんで一問一答形式の問題集を別途購入されてスラスラ解けていたそうですが、今回、梶原塾の「過去問解説集Pro.」を演習されて、一問一答形式の厳しさを改めて痛感されたとのことです。

想像ですが、梶原塾の過去問解説集が、「問題文の本文部分を省略せずに編集した一問一答形式」を採用していることが、難しくした理由なのではないかと考えています。

一般的な一問一答形式の過去問題集の場合は、「本文部分を短くまとめて作文した一行問題」であることが多いですが、この場合、本文の事例設定を読み取り、肢部分の記載で事例設定を修正・補完し、知識を当てはめるという一連の解法作業の訓練にはならないです。
はじめから、何を問われているのか?解った上で、知識を当てはめる訓練だけを行っても、合格レベルの実力はつかないです。

宅建試験や管理業務主任者試験のような四肢択一形式の試験では、問題文を読んで、「何を問うているのか?出題論点を読み取る能力」が合否を左右しますので、問題演習の際に重要なのは、インプットされた知識を当てはめて確認する訓練よりも、何を問うているのか?出題論点を読み取る訓練を優先させなければならないです。

誤答した問題の解説を読んで、「そうだった。解っていたのに!」というのは、「何を問うているのか?」読み取る能力が不足していたことになります。

» 梶原塾の宅建試験対策の教材はこちら

梶原塾 田中優彦

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

|

« 平成22年度宅建試験の受験者の動向について | トップページ | 管理業務主任者試験と宅建試験・マンション管理士試験のW受験について »

● 宅建試験/学習法・教材の選択と利用法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成22年度宅建試験の受験者の動向について | トップページ | 管理業務主任者試験と宅建試験・マンション管理士試験のW受験について »