« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月20日 (土)

毎年2万人以上の受験者が受講する宅建試験対策WEB公開講座

梶原塾では、2006年(平成18年)の4月からポッドキャストを利用したWEB公開講座を行っていますが、本日現在で73,875人以上の方に受講していただいています。

73,875人というのは、フィードバナーを iTunes などへ登録した人数ですから、GoogleリーダーやMy YahooなどにRSSを登録して受講している方やWEB公開講座から直接ダウンロードして受講している方も含めると、実際にはもっと多くの受験者に受講いただいています。

初年度を除くと毎年平均22,000人以上の受講者数となりますが、宅建試験の受験者数は、2006年から2009年(平成18年~21年)の平均で202,046人ですから、宅建試験の受験者の10人に1人以上の割合で受講いただいている計算になります。

WEB公開講座では、「完全合格講座」のすべての講座を受講できるわけではありませんが、権利関係法令(民法)の「意思表示」や「代理」など宅建試験の受験対策として学習の肝となる項目を受講することができる点や、宅建業法で理解が必要となる「免許基準・登録基準」や「自ら売主8種制限」などについて無料・無登録で受講することができる点が、人気の秘密のようです。
テキストや過去問解説集もPDFファイルをダウンロードして印刷することができますので、是非試しに受講してみてください。

公開していない部分の「完全合格講座」の受講を希望される場合は、MP3ファイルとPDFファイルをダウンロード受講する「完全合格講座デジタル」や印刷物が送付されて質問受付等の受験フォローも万全な「完全合格講座プロ・スタンダード・ベーシック」をご利用ください。

2010年版のテキストの販売も4月4日より開始します。
法改正にも完全対応した全218ページ・B5判26穴ファイル形式です。
どこよりも薄いのに、どこよりも必要な事項が載っているのが売りです。
テキストの構成が、最近話題の「東大生のノートを図表化しているようだ」という、うれしいフィードバックもいただいています。

梶原塾では、管理業務主任者試験対策のWEB公開講座もポッドキャストを利用して配信しています。

» 宅建試験対策ポッドキャストのMP3ファイルをリストからまとめてダウンロードは、こちら

» 管理業務主任者試験対策ポッドキャストのMP3ファイルをリストからまとめてダウンロードは、こちら

梶原塾 田中優彦

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

| | コメント (0)

2010年3月14日 (日)

Twitter / ツイッターをはじめました。

昨年の8月にアカウントを取得してから、どのように活用しようか悩んでいたのですが、とりあえず「つぶやき」をはじめてみることにしました。
現在40ツイート(つぶやき)です。

「つぶやき」の内容は、ネットサーフィンして見つけた宅建試験と管理業務主任者試験に関連する話題が中心となりますが、半分程度の投稿は、WEB公開講座やブログの更新通知になると思います。

ブログの記事としては書けない内容などもツイッターで投稿しようと考えていますが、ブログ記事の補完としてつぶやいたり、ツイッターで投稿した「つぶやき」をお題に、ブログ記事に格上げして取り上げるということも考えています。
梶原塾の冠を付しているので、できるだけプライベートな内容は投稿しないようにするつもりです。

また、「塾生専用ページ」の更新についても記事にしますので、更新通知代わりに塾生に利用していただくとことも可能です。

ツイッターでの「つぶやき」を読むには、①ツイッターのアカウントを取得(登録)してkajiwarajukuをフォローするか、②kajiwarajukuのサイトに直接アクセスするのが基本ですが、③RSSリーダー(GoogleリーダーやMy Yahooなど)に登録するのも便利かもしれないです。
パソコンだけでなく、携帯電話からも利用できます。


» kajiwarajukuのツイッッターはこちら

» Twitterのつぶやきをブログ形式で閲覧できるTwilogはこちら

梶原塾 田中優彦

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

| | コメント (0)

2010年3月 6日 (土)

テキストと過去問題集は、セットで選択するのがベストです。

宅建試験や管理業務主任者試験対策をコンテンツとしたWEBサイトをネットサーフィンしていると、テキストと過去問題集の選択について、適切だとは思えないアドバイスを目にする事が多いです。

たとえば、過去問演習をする際には、過去問題集の解説だけで終わらずに、テキストの該当箇所を確認する作業が重要ですし、関連項目と比較して学習することも大事になってきます。
そのために、使い勝手の良い教材の場合は、過去問集の解説欄にテキストの該当箇所へのリンクページが表示されています。

ところが、異なる種類(シリーズ)のテキストと過去問題集を選択した場合は、教材によって項目立てや記載順が異なることから、独力で、テキストの該当箇所を探す作業に時間を費やす事になってしまいます。

もちろん、上級者であれば、目次や索引を上手に利用すれば、なんとかなる作業だとも考えられますが、目次や索引を参照してもわからないのが初学者ですから、わざわざ異なる種類のテキストと過去問題集を選択するのは得策だとは言えません。

また、教材によって、テキストの記載事項や過去問題集への収録問題が異なってきますので、過去問題集で登場する知識なのに、テキストにはその知識に関する項目自体が掲載されていないという場合もでてきて、学習の進行を妨げることになります。

さらに、宅建試験や管理業務主任者試験対策の場合は、難解な法律用語を噛み砕いて平易な文言に書き換えている教材が多いですから、複数の教材を使用した場合には、同じ規定であっても異なる規定のように錯覚してしまい、混乱する原因となっていることも多いようです。

効率的で効果的に資格試験対策の学習を行うのであれば、テキストと過去問題集はリンクしている事が大事ですから、同じ種類のテキストと過去問題集を選択するのがベストです。

ところで、テキストとその解説講義だけが付属した廉価版の通信講座が増えてきているようです。
この場合、過去問題集は付属していませんので、同じシリーズの過去問題集が必要な場合には、オプションで問題演習講座を受講しなければならない仕組みになっているようです。
もちろん、市販されている過去問題集を別途購入するという選択肢もありますが、「リンク」のことを考えると得策だとは言えません。

じつは、梶原塾でも、価格を抑えたシンプルな講座の要望が多かったことから、「テキストとその解説講義だけが付属した講座」を設定していましたが、現在は、「ポッドキャストによる無料WEB公開講座」や「デジタル講座」を含めて、すべての講座に過去問解説集を付属させています。

その理由は明快です。
テキストと過去問解説集が完全にリンクしていることが、合格に直結した教材だと考えているからです。

梶原塾の「完全合格講座」では、過去問解説集で登場する知識については、すべてテキストに記載があり、解説講義でも取り扱っています。
ですから、過去問題を演習する際に、見た事も聞いた事もない知識が乱発されて、混乱させられることはないですし、初学者や独学者にとって困難な作業になる「テキストへの知識の追加書き込み」も必要がないように仕上げています。

2010年版の教材では、さらに使い勝手が向上しています。

» 梶原塾の宅建試験対策の教材はこちら

» 梶原塾の管理業務主任者試験対策の教材はこちら

梶原塾 田中優彦

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »