« 基本をしっかりと、そして過去問の出題論点を中心に繰り返し学習すること | トップページ | 平成21年度宅建試験の合格発表が行なわれました。 »

2009年11月21日 (土)

「条文の文言どおり」の出題への対応について -宅建試験・管理業務主任者試験-

宅建試験や管理業務主任者試験などの資格試験対策のテキストでは、「条文の文言どおり」の言い回しではなく、噛み砕いた表現で解説していることが多いです。
また、「原則」・「例外」のようにシンプルな形にまとめ直して解説していることも多いです。

どちらの場合も、「条文の文言どおり」の言い回しでの正確さよりも、「受験者が解りやすいように、比較しやすいように、まとめやすいように」ということを優先して教材を作製しているのだと思います。

ところが、宅建試験ではここ数年の傾向として、管理業務主任者試験では当初からの傾向として「条文の文言どおり」の言い回しでの出題が目立っています。

本試験で出題された内容について、テキストの表現で理解できていたとしても、「条文の文言」での見慣れない言い回しに戸惑ってしまい、失点してしまう受験者も少なくないようです。

そこで、六法の条文を引きながら学習することを推奨する指導機関等もあるようですが、受験対策としてどうなのでしょうか。

確かに、六法の条文を引きながら学習することは、法律の学習法としては王道なのかもしれません。
たとえば、司法書士試験や司法試験などの受験対策としては、テキストの解説を参照しながら六法の条文にあたっていく作業は、スタンダードな学習法ですし、それなりに法律に心得のある受験者であれば、六法の条文を引きながら学習したほうが理解しやすいこともあります。
また、六法の条文を引きながら学習することで、知識の正確さも高まります。

しかし、法律の初学者であることが多い宅建試験や管業試験の受験者については、お勧めできないです。
とてもとても3ヶ月から半年程度の学習では消化できなくなってしまう可能性が高いですし、その効果についても疑問です。

特に、レベルアップを図ろうと、直前期に入って六法の条文にあたる学習に着手するのは、多くの場合、知識が混乱する原因になってしまいますので要注意です。

ちなみに、梶原塾では、解りやすさと正確さのバランスを大切に考えて教材の作製に取り組んでいます。
宅建試験対策のテキストについては、2年前から「条文の文言」での出題に対応しやすいように記載の仕方(表現の仕方)を改訂する作業を行っています。
今年から開講した管業試験対策のテキストについては、当初からできるだけ「条文の文言どおり」の表現で記載するようにして対応しています。

» 梶原塾の宅建試験対策の教材はこちら

» 梶原塾の管理業務主任者試験対策の教材はこちら

梶原塾 田中優彦

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

|

« 基本をしっかりと、そして過去問の出題論点を中心に繰り返し学習すること | トップページ | 平成21年度宅建試験の合格発表が行なわれました。 »

■ 管理業務主任者試験/学習法・教材の選択と利用法」カテゴリの記事

● 宅建試験/学習法・教材の選択と利用法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 基本をしっかりと、そして過去問の出題論点を中心に繰り返し学習すること | トップページ | 平成21年度宅建試験の合格発表が行なわれました。 »