« 新卒内定者研修と宅建試験対策 | トップページ | これまで学習したことを「まとめる作業」 ‐直前期の宅建試験対策‐ »

2008年7月26日 (土)

宅建試験対策の予想問題集と模擬試験 ‐直前期の宅建試験対策‐

宅建試験の本試験まで13週間を切りましたが、これからの直前期の学習のやり方次第で、確実に合格するグループと2~3点に泣くグループに分かれてくるようです。

予想問題集や模擬試験で出題されて正答する事のできなかった「問題」や「知識」を中心に復習をするタイプの受験生は要注意です。

予想問題集の場合は、これまでに本試験(本番の試験)で出題されていない知識からの出題も多く、本試験で失点したとしても命取りとはならない「問題」も多いです。

また、模擬試験の場合には、本試験と同レベルの難易度とするために、正答率(正解率)が低くなるはずの「問題」が出題されます。
「問題」を作成する段階で、仮に同じ50問の「問題」が本試験で出題された場合には、合格ラインは○○点になるだろうという前提で「問題」を構成しているからです。
模擬試験の解説欄に、予想推定合格ラインは○○点などと記載されていることが多いです。

そもそも、これらの「問題」については、仮に本試験で出題された場合に不正解であったとしても、合否に影響するとは考えにくいです。
にもかかわらず、まじめで成績の良い受験生ほど、「解けないはずの問題」を中心に復習する場合が多いようです。
その結果、本試験で出題された際には必ず正答できなければならない重要な問題を復習する機会が少なくなり、本試験で失点し、それが原因で2~3点足らずの不合格となってしまう受験生が多いです。

一方、確実に合格するグループの場合は、本試験で出題された際には必ず正答できなければならない「問題」を中心に繰り返し学習しています。
宅建試験の場合は、正答率の高い「問題」を確実に得点できるように訓練することで、確実に合格することが可能なのです。

ちなみに、宅建 梶原塾でも直前期対策として「総まとめカンヅメ講座」や「模擬試験」をリリースしていますが、本試験で出題された際には必ず正答できなければならない「問題」を中心に構成し、良い復習の材料となるように直前期対策の教材を作製しています。

» 梶原塾の宅建試験対策の教材はこちら

投稿者: 梶原塾 田中優彦 Google

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

|

« 新卒内定者研修と宅建試験対策 | トップページ | これまで学習したことを「まとめる作業」 ‐直前期の宅建試験対策‐ »

● 宅建試験/直前期対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新卒内定者研修と宅建試験対策 | トップページ | これまで学習したことを「まとめる作業」 ‐直前期の宅建試験対策‐ »