« 予備校に所属する宅建講師の悩み? | トップページ | 2007年(平成19年度)宅建試験の講評と予想合格ラインについて »

2007年6月 5日 (火)

宅建試験対策講座の塾生、神奈川県と京都府から1回転目終了の報告

宅建試験対策講座の塾生からの1回転目終了の報告が入ってきています。
5月30日に神奈川県内の塾生から第一報が、そして、6月2日に京都府内の塾生からも1回転目終了の報告が入ってきました。
どちらも今年度版の発送開始日である4月24日に教材の発送を行なった方なのですが、5週間程度の短い期間で「完全合格講座」を1回転終了したということになります。

昨年度の塾生のフィードバックでは、6~8週間程度で1回転を終了した方が多かったので、お二人とも、かなり速いペースでの1回転目の修了者ということになります。
このうち、京都府内の塾生からのフィードバックによると、一日の平均学習時間は2.5時間とのことですから、所要学習時間は90時間弱だった模様です。

もちろん、速いペースで学習すれば良いということではありませんが、お二人ともその点は充分に理解されておられるようですので、安心して見守っていても大丈夫のようです。
2回転目もこの調子で頑張っていただきたいです。

他の塾生については、これからの1~3週間が、1回転目終了報告のラッシュとなりそうですが、学習に費やすことのできる時間は人それぞれで、学習環境もさまざまです。
自分の立てた学習スケジュールをマイペースで確実にこなして欲しいです。

2回転目の学習は、1回転目以上に基本をマスターすることを心がけて学習することが大事です。
2回転目の取り組み方次第で、実力に大きな差が生じてきます。
特に、過去問演習については、1問1問丁寧に、時間をかけて出題論点の関連知識までの復習を丁寧に行なって欲しいです。

「量より質の過去問演習」を実践するのが大事です。


追記 この記事に登場した2名の塾生は、「完全合格講座プロ」を受講され、平成19年度の宅建試験で見事合格されました。
Tさん(42点)、H
さん(41点)、本当におめでとうございました。pass

» 宅建試験対策の学習法の完全合格マニュアルはこちら

投稿者: 梶原塾 田中優彦 Google

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

|

« 予備校に所属する宅建講師の悩み? | トップページ | 2007年(平成19年度)宅建試験の講評と予想合格ラインについて »

● 宅建試験/学習法・教材の選択と利用法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155004/40962319

この記事へのトラックバック一覧です: 宅建試験対策講座の塾生、神奈川県と京都府から1回転目終了の報告:

« 予備校に所属する宅建講師の悩み? | トップページ | 2007年(平成19年度)宅建試験の講評と予想合格ラインについて »