« 分譲マンションの企画と宅建試験対策のデータ分析 | トップページ | 予備校に所属する宅建講師の悩み? »

2007年5月26日 (土)

宅建試験対策の企業研修が決定しました

6月4日からスタートする宅建試験対策の企業研修をお受けすることになりました。
受託先企業は、福岡県の地場大手の不動産会社です。
じつは、梶原塾として3年目となる本年度までは、企業研修はお受けしないことにしていたのですが、縁あって企画書を提出させていただいていたものが採用となりました。

今回の企業研修では、本試験までの残り時間がお盆を挟んでちょうど20週間なので、ベーシック編の10週間と直前対策編の10週間に分けてカリキュラムを構成することにしました。

ベーシック編の10週間では、「お盆までに最低1回転」を実践できるように、ベースとなる「完全合格講座」に「ベーシック講座」をプラスした特別カリキュラム「完全合格講座プロ・プラス」を作成しています。
そして、直前対策編では、「総まとめカンヅメ講座」を中心に実力養成・完成編という位置づけで対応します。

一般的に不動産会社対象の宅建試験対策を目的とした企業研修の場合の合格率は、限りなく本試験合格率に近い合格率である講座が多いというのが実態のようですが、梶原塾としてお受けする以上は、申込者全員合格を実現させるために全力投球するつもりです。

生講義(LIVE講義)で行う「ベーシック講座」では、大手受験予備校時代のように、脅したり、すかしたり、褒め殺したり、放置したりと、「何でもあり」で受講生全体のモチベーションの維持を計っていくことになりそうです。

また、仕事と学習を両立させて合格という結果を出すためには、企業側のバックアップの体制も必要となってきます。
特に、営業系の社員が大部分を占める今回の企業研修のような場合には必須です。

幸いなことに、今回の企業研修では、企業のトップも交えた打ち合わせの中で、会社側のバックアップの体制も整えていただきましたので、あとは講座を受講する社員の方が、どのような意識をもって、この講座に挑まれるのか次第だと考えています。

6月4日のガイダンスでお会いできるのを楽しみにしています。

» 宅建試験対策の学習法の完全合格マニュアルはこちら

投稿者: 梶原塾 田中優彦 Google

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

|

« 分譲マンションの企画と宅建試験対策のデータ分析 | トップページ | 予備校に所属する宅建講師の悩み? »

● 宅建試験/新卒内定者(大学生)研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155004/40962316

この記事へのトラックバック一覧です: 宅建試験対策の企業研修が決定しました:

« 分譲マンションの企画と宅建試験対策のデータ分析 | トップページ | 予備校に所属する宅建講師の悩み? »