« 宅建試験対策の民法の学習と宅建業法の学習 その1 | トップページ | 不動産の営業マンと宅建講師の実力 »

2007年3月19日 (月)

宅建試験対策の民法の学習と宅建業法の学習 その2

>>宅建試験対策の民法の学習と宅建業法の学習 その1 のつづきです。

ところで、梶原塾では、権利関係法令(民法)から学習を開始することによって、「理解する能力」や「図解する能力」や「択一形式の問題演習・解法の能力」を身に付けた上で、理解しながら宅建業法や法令上の制限を学習することができると考えています。

そして、権利関係法令(民法)や法令上の制限で関連知識を学習した後に、宅建業法を学習することで、苦もなく効率的かつ効果的に宅建業法を学習することができると考えています。
そうすることで、一般的にも平易だと評価される宅建業法をさらにスムーズに理解して学習することができます。
民法や法律系資格試験の既習者が、宅建業法を修得するのに時間を要しないことと同じ理屈です。
試験対策上、山場となる作業(権利関係法令)を学習のはじめに位置することで、残りの作業がはかどってくると考えることもできます。

一方、梶原塾とは異なって、宅建業法を民法より優先させて学習するように指導する指導機関もありますが、そのように指導する理由が、「宅建の勉強が長続きしない最大の要因になるから」ということであるならば、本末転倒です。
受験生の目的は、長続きさせることではなく、「合格すること」にあるハズだからです。
合格という結果を出すために、長続きさせること=継続することは大事ですが、手段が目的になってしまわないようしなければなりません。
長続きさせることで受講生を満足させているだけの指導機関もあるので注意が必要です。

また、梶原塾では、「できるだけ回転数をこなして精度を上げていく」という考え方で指導しています。
梶原塾の完全合格講座は、適度な時間配分で全体を学習できるように構成されていますので、学習のはじめの段階では、科目ごとの学習時間の配分などは気にせずに学習を進めて全体を回転させてください。
得手不得手は人それぞれですし、「センス」によるところも少なくないですから、苦手分野の克服などによる時間配分の見直しは、学習が進んだ段階で検討すれば充分です。

いずれにせよ、「まじめに取組んでいる指導機関」の中から自分に合った指導機関(出版社等も含む)を選択して、その指導機関の指導どおりに学習することをお勧めします。
梶原塾のように、権利関係法令で伏線を張りながら法令上の制限→宅建業法と、独自に体系を考案し、拘ってカリキュラムする指導機関もあれば、宅建業法をベースにしたカリキュラムを独自に考案している指導機関もあるようです。

後者の指導法による合格率等の「結果」の公表を期待したいです。

梶原塾では、「どうせやるのなら楽しんでやって結果(合格)を残す」ことが大事だと考えています。

» 宅建試験対策の学習法の完全合格マニュアルはこちら

投稿者: 梶原塾 田中優彦 Google

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

|

« 宅建試験対策の民法の学習と宅建業法の学習 その1 | トップページ | 不動産の営業マンと宅建講師の実力 »

● 宅建試験/学習法・教材の選択と利用法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155004/40962310

この記事へのトラックバック一覧です: 宅建試験対策の民法の学習と宅建業法の学習 その2:

« 宅建試験対策の民法の学習と宅建業法の学習 その1 | トップページ | 不動産の営業マンと宅建講師の実力 »