« 平成18年度宅建試験の5問免除科目と問49の正解番号の取り扱いについて | トップページ | 宅建試験対策、5問免除講習(登録講習)は受講すべきか。 »

2006年10月27日 (金)

宅建試験の本試験データの活用法について

平成18年度の宅建試験が終了し、各スクール(予備校)などの指導機関が集計した本試験データの発表が行なわれています。
ネットを徘徊していると、予想合格ラインだけに注目が集まっていますが、データの活用次第では、平成19年に受験する方にとってのスクール選択の際の資料とすることも可能です。

①各問題の正答率
正答率が問題ごとに大きく変動している指導機関と、全体的に均一な指導機関とがあります。
一般的に、前者の場合のテキストは頻出事項中心に構成されている場合が多いですし、後者の場合のテキストはその反対である傾向があります。

また、上記テキストの構成に準じて、講座の指導方針も決められている場合が多いです。
もちろん、担当講師によっても講座の内容は変わってきますが、自分に合わない教材や講座を使用して学習するのは効果的とは言えませんので、体験受講と併用して確認してみる価値はあると思います。
正答率60%以上の問題数を基本に、正答率70%以上の問題数や正答率40%以下の問題数などを科目別に数えてみるだけでも、傾向をつかむことができます。

②平均点
その講座を利用して学習した場合の平均的な受講生のレベルを比較することができます。
指導機関によっては、ネット上で公表するデータについては、自社の講座を利用していない受験生の本試験データも含まれていますが、大部分は実際に受講した受講生のデータであることも多いので、目安として利用する価値はあると思います。

また、公表した合格率や合格者数などに関して、景品表示法に基づいて、公正取引委員会から警告を受けているような指導機関もありますが、平均点とその年の合格ラインを比較することによって、公表された合格率の真偽を最低限に確認することは可能です。
たとえば、実際には得点分布などにより左右されますが、70%を超えるような高合格率の場合は、平均点もその年の合格ラインを大きく上回っている可能性が高いですし、反対に、平均点が合格ラインよりも大幅に下回っている場合は、合格率も50%を下回っている可能性が高いです。
ちなみに、平成17年の梶原塾の完全合格講座の受講生の合格率は57%でしたが、合格ライン(合格基準点)である33点に対して、平均点は34.4点でした。

尚、ネット上で公開されていないデータを入手して確認したい場合には、宅建試験対策の講座の受講を検討している旨を連絡して、その講座を実際に利用した受講生のデータなどを請求してみると良いかも知れません。
独自のノウハウとなる部分も含まれてくる詳細なデータやその分析報告書などは期待できませんが、平均点や合格率程度の情報は開示してくれる指導機関もあると思います。

» 宅建試験対策の学習法の完全合格マニュアルはこちら

投稿者: 梶原塾 田中優彦 Google

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

|

« 平成18年度宅建試験の5問免除科目と問49の正解番号の取り扱いについて | トップページ | 宅建試験対策、5問免除講習(登録講習)は受講すべきか。 »

● 宅建試験/解答速報(講評・予想合格ライン・合格基準点・正解番号)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155004/40962290

この記事へのトラックバック一覧です: 宅建試験の本試験データの活用法について:

« 平成18年度宅建試験の5問免除科目と問49の正解番号の取り扱いについて | トップページ | 宅建試験対策、5問免除講習(登録講習)は受講すべきか。 »