« 宅地建物取引主任者と実務のエキスパートについて | トップページ | 宅建試験対策、本試験での解答テクニック その1 »

2006年8月25日 (金)

宅建試験対策の予想問題集や予想模擬試験の的中率

宅建試験対策の予想問題集や予想模擬試験に関してですが、「8割の的中率!」などのキャッチコピーを目にすることが多いです。
額面どおり受け取れば、試験実施機関である不動産適正取引推進機構もびっくりの高的中率ですから、受験生心理としては、どうしてもそちらに流されてしまうことも多いようです。

この8割について分析してみると、本番の本試験では、50問×4肢=200肢が出題されますので、「8割の的中率」ということであれば、160肢の出題が的中していることになります。

ところで、一般的な予想問題集や予想模擬試験は、50問形式で5回分程度の問題数であることが多いので、50問×4肢=200肢 → 200肢×5回=1000肢の問題が掲載されていることになります。

したがって、「的中率」の分母を1000肢として考えてみると、1000肢中16%の160肢の出題しか的中していないと考えることもできます。

仮に、予想問題集や予想模擬試験の問題数が200肢程度であって、それに対して160肢が的中しているのならば、梶原塾の塾生にも購入を推奨したいぐらいなのですが、そんな「魔法のような教材」は存在しませんし、「予想」はあくまでも「予想」であって、誰も結果の責任なんか取ってはくれません。

今夏、宅建試験に費やした貴重な時間を無駄にしないためにも、「予想」だとか「的中」だとかの文言に踊らされて、消化できないほどに教材のボリュームを増やすのではなく、適量・適切な過去問集を選択し、繰返し演習する事が一番だと考えています。

» 宅建試験対策の学習法の完全合格マニュアルはこちら

投稿者: 梶原塾 田中優彦 Google

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

|

« 宅地建物取引主任者と実務のエキスパートについて | トップページ | 宅建試験対策、本試験での解答テクニック その1 »

● 宅建試験/学習法・教材の選択と利用法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155004/40962279

この記事へのトラックバック一覧です: 宅建試験対策の予想問題集や予想模擬試験の的中率:

« 宅地建物取引主任者と実務のエキスパートについて | トップページ | 宅建試験対策、本試験での解答テクニック その1 »