« 宅建試験対策、そんなことまで知らなくても大丈夫です。 | トップページ | 宅建試験対策、ゴロ合わせだけでは対応できない法令上の制限 »

2006年6月20日 (火)

宅建試験対策の過去問演習は10年分が基本です。

宅建試験に限らず資格試験の学習のメインイベントは、過去問演習を中心にしたアウトプット学習です。
もちろん、テキストや解説講義などのインプット学習を繰返し行うことで知識の整理・吸収を行うことも大事ですが、最終的に本試験では問題を正答できなければ合格はできないからです。

ですから、2回転目もしくは3回転目以降の学習は、過去問演習を中心に行って、その後テキストに戻って確認する作業をオススメしています。

そして、過去問演習については、10年分の過去問をマスターすることが基本だと考えてください。
多くの市販本や大手スクールの問題集も10年分の過去問を中心に構成されていますので、大部分の受験生が対応してくる10年分の過去問については、合格するために必須の演習材料になると考えてください。

また、過去問演習については、何年分の過去問を学習材料にするかについて、イロイロな意見がありますが、5年分程度では物理的に少なすぎると思います。

ただし、だからと言って、やみくもに昭和時代の過去問まで遡って演習する必要はないと考えています。
もちろん、過去に遡れば「焼き直し問題」と考えられる出題も存在しますが、その多くは、基本的事項からの出題であったり、一般的なテキストでは割愛されているマイナーな合否に影響しない項目からの出題であったりするからです。
ですから、そんな余裕があるのなら、まずは、10年分の過去問を完璧にマスターできるように繰返し演習したほうが得策です。

ライバルに差を付ける事よりも差を付けられないようにする事の方が大事です。

ただし、10年分の過去問の全ての問題を完璧に演習することは逆効果になってしまうことが多いです。
試験実施機関が、合格ラインの調整に出題していると考えられるような難問や一般的なテキストにも記載のないマイナーな項目まで学習して対応するのは至難の業です。

10年分の過去問集であっても、はじめからそのような合否に影響しないと考えられる問題については割愛して掲載していない過去問集を利用したり、過去問集のランク表示などを活用してみるのも一考です。

また、10年分の過去問を2~3回転演習すると、新たな問題を題材に問題演習してみたくなる受験生が多いです。
一般的には、市販本の予想問題集や予備校の答練・模擬試験を利用する受験生も多いです。

ただし、権利関係法令などの科目や出題頻度は低いけれどもはずせない項目については、10年分の過去問だけでは、カバーしきれない部分がどうしても出てしまいますので、それを補うために活用するのにはおススメですが、わざと超の付く難問ばかりを掲載して、受験生を地獄に落とす答練や模擬試験には注意が必要です。

宅建梶原塾でも「過去の過去問集」というタイトルで11年以上前の過去問からも問題集を作製しています。
今年度版は、平成6年・7年の過去問から10年分の過去問と重複しない130肢をピックアップしていますが、これは市販本の予想問題集や予備校の答練・模擬試験のネタ元になっているプラスアルファの知識と考えてもらうと良いです。

» 宅建試験対策の学習法の完全合格マニュアルはこちら

投稿者: 梶原塾 田中優彦 Google

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

|

« 宅建試験対策、そんなことまで知らなくても大丈夫です。 | トップページ | 宅建試験対策、ゴロ合わせだけでは対応できない法令上の制限 »

● 宅建試験/学習法・教材の選択と利用法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155004/40962271

この記事へのトラックバック一覧です: 宅建試験対策の過去問演習は10年分が基本です。:

« 宅建試験対策、そんなことまで知らなくても大丈夫です。 | トップページ | 宅建試験対策、ゴロ合わせだけでは対応できない法令上の制限 »