« 宅建試験対策、正答率だけで単純に判断はできないです | トップページ | 宅建試験対策の予備校講師の講義の予習について »

2006年5月31日 (水)

宅建試験対策、独学の場合のネットの上手な使い方?!

独学の方が宅建試験関連の掲示板で質問されているのを見かけますが、あまりお勧めできないです。

その質問者の使用している教材の内容が把握できないと、的確な回答ができない場合が多いからです。
大手予備校の委託講義で直接会って質問をお受けする場合であっても、どの記載について理解できないのか把握するために、記載されている書籍を持参することをお願いしています。

宅建試験対策の過去問集についても、法改正などへ対応するために、問題文を独自に改題している場合が普通ですから、出題年度や番号が同じであっても、質問者と回答者が手元で見ている問題文が異なっている場合もでてきます。

また、それなりに有名なサイトの掲示板であっても、人様に教えるレベルにない方が回答を書いている場合が少なくないです。

自ら理解できていないことを、人様に理解できるように解説できるわけがありません。

コンテンツを提供することで、何がしかの収入を得ているのであれば、サイト管理者の方には、それなりの対応をしていただきたいものです。

ところで、このブログを開設したのは、毎年出没するおかしな珍解答や誤解答をお題に情報提供できないものかと考えたからです。

今年は、ブログが普及したためか、掲示板への書き込み件数が少ないようで、このブログのネタになっているのは宅建試験に関しての学習材料を提供しているブログが中心になってしまっていますから、受験者の方が、ブログやメールマガジンなどで情報を提供しているサイトを利用する際には、よく内容を吟味して選択しないといけません。

こういったサイトは、受験生時代に使用した宅建試験対策の教材を丸写ししたような情報を下手糞に加工することによって、誤った解説になっているものも少なくないです。

結論ですが、独学の場合は、使用する教材が決まったら、理解できないことがあっても、その教材だけで割り切って処理するのが一番なのかもしれません。

インターネットの利用は、教材選択の際の情報収集と試験情報の収集に限定して利用するのも一考です。

ネットを利用することで、余計に混乱してしまっては本末転倒になってしまいます。

» 宅建試験対策の学習法の完全合格マニュアルはこちら

投稿者: 梶原塾 田中優彦 Google

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

|

« 宅建試験対策、正答率だけで単純に判断はできないです | トップページ | 宅建試験対策の予備校講師の講義の予習について »

● 宅建試験/学習法・教材の選択と利用法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155004/40962268

この記事へのトラックバック一覧です: 宅建試験対策、独学の場合のネットの上手な使い方?!:

« 宅建試験対策、正答率だけで単純に判断はできないです | トップページ | 宅建試験対策の予備校講師の講義の予習について »