« 宅建試験の試験範囲について ~宅建業法の場合~ | トップページ | 宅建試験対策のわかりやすい講義やテキストの落とし穴 »

2006年4月20日 (木)

宅建試験対策の教材の選択について

宅建試験対策の教材の選択については、書店での立ち読みや体験講義などを上手に活用して、自分にあったテキストや講義を探しだすことが大事です。

その教材に合う合わないは、学習を継続する上で大事なことですし、個人個人で異なってくる訳で すから、それぐらいの事は掲示板なんかの書き込みに安易に惑わされないで、自分で調べて、自分 で決断して欲しいとも考えています。

少なくとも、それぐらいの積極性・自主性がなければ、特に独学での合格は無理だと言い切っても 過言ではないと思います。

そして、一度決断したならば、よほどの事のない限り、試験が終わるまではその教材や講師を信じて学習 することも大事です。

極論すれば、自分が”白”だと思っても、テキストや講師が”黒”だと言えば、試験が終わるまでは”黒”で通すぐらいの気持ちがあると強いです。

大手予備校での宅建試験対策の委託講義の受講生を観察していると、担当講師の異なるクラス間を移動して受講したり、重複して受講する方がいますが、結果は良くない傾向が出ています。
同じ範囲であっても、講師によって解説のアプローチの仕方が異なることが理由として考えられます。
そういった意味においては、大手予備校の提供する一見便利そうな制度も、実際にはどうなのでしょうか?!

また、人気があること、有名であることや合格率が高いことと、自分に合うか否かは別物だと言う 視点で、教材の選択を行うことをお勧めします。

尚、宅建試験対策のテキストと過去問集は、同じシリーズのものを選択してください。
異なったシリーズのものを選択すると、微妙な言い回しに惑わされて苦戦を強いられることになりがちです。
同シリーズなのに、解説の仕方や用語の使い方の異なるものは論外です。

» 宅建試験対策の学習法の完全合格マニュアルはこちら

投稿者: 梶原塾 田中優彦 Google

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

|

« 宅建試験の試験範囲について ~宅建業法の場合~ | トップページ | 宅建試験対策のわかりやすい講義やテキストの落とし穴 »

● 宅建試験/学習法・教材の選択と利用法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155004/40962247

この記事へのトラックバック一覧です: 宅建試験対策の教材の選択について:

« 宅建試験の試験範囲について ~宅建業法の場合~ | トップページ | 宅建試験対策のわかりやすい講義やテキストの落とし穴 »