« お世辞にも資格試験対策用とはいえない宅建試験対策のテキスト・過去問集?! その2 | トップページ | 宅建試験対策、お盆やゴールデンウイークの過ごし方 »

2006年4月24日 (月)

付き合ってはいけない宅建試験対策の「解説の押し売り」

宅建試験の本試験で問われる知識は、
①暗記しようとしなくても過去問やテキストを反復しているうちに、当たり前になってくる知識、
②理解しようと試みれば、理解することが可能な知識、
③理解するには相当な労力が必要なため、暗記で対応したほうが効率的な知識
などに分類することができます。

このうち、②理解しようと試みれば、理解することが可能な知識については、法的な思考でしっかりと解説してくれるテキストや講義を選択して、できるだけ理解して学習することが大事です。
一方、①暗記しようとしなくても過去問やテキストを反復しているうちに、当たり前になってくる知識や、③理解するには相当な労力が必要なため、暗記で対応したほうが効率的な知識についてまで、解説を押し売りしてくる宅建試験対策のテキストや講義などが存在します。

もちろん、どこまでが②の範囲で、どこまでが①③の範囲なのかの線引きは、テキストや講義の全体の組み立ての中で検討する部分でもあるので、ひとくちに余計なお節介とは言えない部分もあります。

実は、僕自身、どこまで解説するのか、講義する講座の内容に合わせながら試行錯誤して講義を行っています。
全てを講義で解説してしまうと、聞き手が消化するのに余計な時間を取られることにも成りかねませんし、聞き手の「考える力」を奪ってしまうことにも成りかねません。 逆に、解説が少なすぎても良くないのは当然のことです。
また、一読すれば理解できるようなことをグチグチ解説しても聞き手にとって迷惑だからです。

教材の選択の際には、必要な解説がバランス良くされているのかチェックすることも大事ですが、その教材を使用するために要求される充分な学習時間を確保することができるか否かを検討することも大事です。
自分に合わないテキストや講義にまともに付き合って学習をすると、受験が長期化する可能性が高くなりますので注意が必要です。

» 宅建試験対策の学習法の完全合格マニュアルはこちら

投稿者: 梶原塾 田中優彦 Google

梶原塾 専任講師 田中優彦のブログ -宅建試験・管理業務主任者試験対策ブログ-

|

« お世辞にも資格試験対策用とはいえない宅建試験対策のテキスト・過去問集?! その2 | トップページ | 宅建試験対策、お盆やゴールデンウイークの過ごし方 »

● 宅建試験/学習法・教材の選択と利用法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155004/40962252

この記事へのトラックバック一覧です: 付き合ってはいけない宅建試験対策の「解説の押し売り」:

« お世辞にも資格試験対策用とはいえない宅建試験対策のテキスト・過去問集?! その2 | トップページ | 宅建試験対策、お盆やゴールデンウイークの過ごし方 »